シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン8、第14話「ホーマーの声優チャレンジ:The Itchy & Scratchy & Poochie Show」

シーズン8、第14話「ホーマーの声優チャレンジ:The Itchy & Scratchy & Poochie Show」February 9, 1997
f:id:simpsons333:20200628002945p:plain
最近マンネリ気味の「イッチー&スクラッチー」。
どうにかして人気を取り戻したいクラスティの喝により、新キャラの加入を思いついた制作者はついでに声優オーディションを行うことに。
紆余曲折あり、ビーグル犬の新キャラ:プーチー役は我らがホーマーに決定したのだけれど…。


<以下、ネタバレになります>


・本エピソードは、シンプソンズの大先輩長寿アニメ「原始家族フリントストーン」の話数を超えた記念すべきエピソードとされています。
故に、長寿アニメの宿命みたいなテーマの今回のお話が生まれたものと思われます。
ちなみに、何度もエピガイで触れていますが、ホーマー役の大平さんは過去にフリントストーンの主人公フレッドを演じられたこともあります。(ちなみに、ディズニー作品のヤマネコキャラ:ピートの吹き替えを大平さんから引き継いで担当されている、シンプソンズでは"金持ちテキサス男"役の北川勝博さんも、近年フレッドを演じられています。)

・シーズン7「「イッチー&スクラッチー」を救え!」に続いて登場した、「イッチー&スクラッチー」の権利者:ロジャー・マイヤーズ・ジュニア
原語版で声を担当したのは、2015年に亡くなるまで数々の映画、ドラマ、そしてアニメ作品の声優として活躍した、俳優:アレックス・ロッコ(吹/辻親八さん)。
本エピソードが彼が演じたマイヤーズの最後の登場となりました。
f:id:simpsons333:20200628134058g:plain
f:id:simpsons333:20200628134405g:plain
カントリー・ベアーズ [DVD]

カントリー・ベアーズ [DVD]

  • 発売日: 2005/12/21
  • メディア: DVD
・黒サングラスつけててヒップホップでコテコテのサーファーでジャマイカとカルトのテイストを10%加えたキャラ→プーチー
f:id:simpsons333:20200628003249g:plain
・プーチー(とロイ)のファッションは、日本でもNHK教育テレビ(現:Eテレ)で放映された「愉快なシーバー家」で、ブレイク前のレオナルド・ディカプリオが演じたルーク・ブラウワーのそれのパロディ…のはず。
余談ですが、日本でのシーバー家の放映時には、既にディカプリオが人気になっていたので、今度の回からレオ様が出るよ~と、話題になったことが思い出されます。
f:id:simpsons333:20200628003343g:plain
・リサ「アニメって人気がなくなると新しい人出すのよね」→即謎の新キャラ:ロイ登場。
f:id:simpsons333:20200628003518g:plain
・録音した自分の声の違和感すごいあるある。
このネタを声優界の大スター大平さんでやるの、贅沢すぎる!
f:id:simpsons333:20200628003543g:plain
・ホーマーの初収録シーンは、吹き替え版ではとにかく日本人に優しい仕様に!
ホーマーの早口言葉は、隣の竹垣に~になり、女性声優:ジューンの初担当キャラはセミ(原音では鳴き声が似ている、ロードランナー)に。
セリフにも登場しますが、性別や動物の垣根を越えて表現する声のお仕事に対し、~だから~役はできないみたいな規制を求めるのは実にナンセンス!
f:id:simpsons333:20200628003651g:plain
・ホーマー「これ、生でオンエアされるの?」
彼らしいおバカ発言ですが、ホーマー役の大平さんはテレビ草創期にスーパーマンの生アテレコを実際にされていたので、いろんな意味で面白シーンに!
(ジューンが、生放送だとアニメーターの手首がおかしくなる~とツッコんでいるのは、アメリカのアニメは声を先に収録し、それに合わせて絵を仕上げる"プレスコ"方式が一般的であるため。)

「ザ・シンプソンズ」ホーマー役声優:大平透さんからのメッセージ(2012)
オタクバスターホーマー(シーズン10「ボディガード・ウォーズ」参照)の攻撃炸裂!
f:id:simpsons333:20200628003917g:plain
ザ・シンプソンズ バート・ウォーズ [DVD]

ザ・シンプソンズ バート・ウォーズ [DVD]

  • 発売日: 2005/10/28
  • メディア: DVD
・急に主役一家になじんでるロイ。
このシーン、原語版では彼がマージのことをミセスSって呼んでいるのですが、これはアメリカで11シーズン続いた国民的長寿シットコム「ハッピーデイズ」(シンプソンズでも度々ネタになっています)で1脇役から準主役まで上り詰めた人気キャラ:フォンジーが、主人公の母のことをミセスCと呼んでいたことへのオマージュ。
f:id:simpsons333:20200628004257g:plain
「イッチー&スクラッチー&プーチー・ショー」第1話のタイトル「The Beagle Has Landed(ビーグル犬は舞いおりた)」は、小説を映画化した鷲は舞いおりたの原題「The Eagle Has Landed」をもじったもの。
f:id:simpsons333:20200628120612g:plain
鷲は舞いおりた [Blu-ray]

鷲は舞いおりた [Blu-ray]

  • 発売日: 2019/09/04
  • メディア: Blu-ray
・ラスト、プーチーが不自然にリサイクルを勧めるわけは、本エピソードの本国での放映の前年までTBS(ワーナー傘下の放送局で、日本の局とは無関係)で放映されていた、環境保護スーパーヒーローアニメ「キャプテン・プラネット」をパクッているため。
f:id:simpsons333:20200628130046g:plain
ちなみに、この「キャプテン・プラネット」、映画ホテル・ルワンダマーベル・シネマティック・ユニバースのウォーマシン役(吹き替えは、スミサーズ役の目黒光祐さん!)でお馴染みの名優:ドン・チードル主演で、ネタキャラとしてどういうわけか奇跡(?)の実写化を果たしています。
Captain Planet with Don Cheadle

Captain Planet with Don Cheadle

  • メディア: Prime Video
アベンジャーズ/エンドゲーム(吹替版)

アベンジャーズ/エンドゲーム(吹替版)

  • 発売日: 2019/09/04
  • メディア: Prime Video
・バートの初期の口癖「熱くなるなよ」を執拗に連呼するファミリー。…相変わらず、自分たちにも厳しいのがシンプソンズスタイル(笑)
f:id:simpsons333:20200628004332g:plain
f:id:simpsons333:20200628115832g:plain
・ネットにアニメの悪口を書き込んでるブックガイに対して、バートはクリエーターの代弁をして…「やりすぎだよ、そこまでやる権利あんの?何千時間もタダでマンガ見せてもらってケチつけるなんて、恩知らずだよ!勝手すぎるよ、それ!」
365日で知る 現代オタクの教養

365日で知る 現代オタクの教養

  • 発売日: 2020/03/30
  • メディア: Kindle
・ホーマーが倉庫に隠れて会議室の会話を盗み聞きするシーンは、コメディアン:ジェイ・レノ(シーズン9「クラスティは時代おくれ」にゲスト出演)が、業界の先輩デイヴィッド・レターマン(シーズン5「"ミシェル・ファイファー"の誘惑」等のカウチギャグにキャラとして登場)との「ザ・トゥナイト・ショー」の新司会者争いの際に、
放送局であるNBCの重役の会議を盗み聞きしていたことへのオマージュ。
f:id:simpsons333:20200628005125g:plain
・ナレ死ならぬ…なんだろう、テキトー死?!
f:id:simpsons333:20200628005249g:plain
・ロイの引っ越しの理由は、1人の男の子と2人の女の子が一緒に住むストーリーのシットコム「Three's Company」(日本未放送)のパロディ。
f:id:simpsons333:20200628005315g:plain
・リサ「これだけマンネリになっても打ち切らないなんて珍しいわよね。感謝しなきゃ」
実際、この後シンプソンズは、よっ!待ってました的なマンネリを超越した存在になります(?)
笑点 宴 -放送50周年完全保存版- DVD-BOX

笑点 宴 -放送50周年完全保存版- DVD-BOX

  • 発売日: 2017/08/14
  • メディア: DVD
DVD隠しコマンド情報:本エピソードの選択画面内にある映写機のランプ部分をクリックすると、未公開シーンが観られますよ!・本編の話題から逸れますが、今の本国での状況を見て、カールだったらきっと「2度目の変声期かよ!なんかそっちの方が差別的じゃない?」とか言うはず。
f:id:simpsons333:20200628005420g:plain
https://news.yahoo.co.jp/articles/ab58feafd19e90d71f3e6ee9dc894bacb77ceb51news.yahoo.co.jp
シンプソンズだけじゃなく、米エンタメ業界がここ数年そっちこっちでやられてますが、いよいよこの番組が言うことを聞かないといけない状況からして、一連の騒動がかなり激しいものだということが感じられます。クリエーターからすると、時代が変わっても変わらず続けてきた、番組の中でのユーモアによる切り返しができないこと、とても悔しいだろうなぁ。
長く続けるって、本エピソードのテーマにもなっている"マンネリ"を超えていくことだけじゃなく、社会の流れに対応していくことでもあるのですね。変えてはいけないものと、変わらないといけないものとの境界線って一体…?変わろうとして奮闘する今回のお話のキャラたちを見て、そんなことを考えちゃいました。うーん、複雑。
ブーンドックス

ブーンドックス

POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~

POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~

  • 発売日: 2009/09/30
  • メディア: MP3 ダウンロード


<声の出演>

役名 お名前
ホーマー,プーチー 大平透
マージ 一城みゆ希
バート 堀絢子
リサ 神代知衣
クラスティ,データベース 島田敏
ネルソン,アニメーター,オットー,ドグ 桜井敏治
ラルフ,リンゼイ 真柴摩利
ミルハウス,ロイ 飛田展男
ジューン,イッチー,スクラッチー,受付 紗ゆり
ブックガイ,ジャスパー 青森伸
バーニー,サイドショーメル,バーニー,アニメーター,ミキサー 広瀬正志
モー,弁護士,アニメーター,助手,質問するファン 稲葉実
カール,マイヤーズ 辻親八
ケント・ブロックマン,調査員 糸博



<日本語版スタッフ>

役職 お名前
翻訳 徐賀世子
演出 向山宏志
調整 飯村靖雄
スタジオ グロービジョン
番宣 鈴木路子(WOWOW
プロデューサー 橘田寿宏(WOWOW),吉田啓介
配給 FOXテレビジョン
制作 グロービジョン