シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広めるために日本語吹替版のエピソードガイド、グッズを買えるお店の紹介、大平透さん使用のアフレコ台本の研究、等々を掲載しています。

シーズン32、第7話「3つの挫折の物語"Three Dreams Denied"」

シーズン32、第7話「3つの挫折の物語"Three Dreams Denied"」November 22, 2020

立ちふさがる障壁を乗り越え、コミックコンベンションに参加するコミックブックガイ。一方バートは声優デビューを果たし、リサはある試練に立たされていた…

<以下、ネタバレになります>

続きを読む

シンプソンズグッズが買える店:千葉県木更津市:ヴィレッジヴァンガード_イオンモール木更津店

シンプソンズグッズを買える店を探しに千葉県木更津市:ヴィレッジヴァンガード_イオンモール木更津店に行ってきました。イオンモール木更津店は初取材です(取材日:2022年8月6日)



ヴィレッジヴァンガードイオンモール木更津店は2階にあります




初訪問のお店は「シンプソンズグッズ無し!」の可能性もあるのですごく緊張します。


店内をくまなく探していたらシンプソンズグッズを発見!

シンプソンズの靴下がありました!
よかった!ブログ記事になった!


ヴィレッジヴァンガードイオンモール木更津店さん、シンプソンズグッズを扱って下さり、ありがとうございます。
シンプソンズグッズは他にもたくさんありますので、これからもたくさんの取り扱いをお願いいたします。よろしくお願いいたします。

ヴィレッジヴァンガード_イオンモール木更津店
〒292‐0835
千葉県木更津市築地1-4イオンモール木更津 2F
電話番号:0438-97-7751
FAX番号: 0438-97-7752
営業時間: 10:00~21:00
定休日: 不定
Twitterhttps://twitter.com/vvkisarazu


シンプソンズグッズが買える店:千葉県木更津市:H&Mイオンモール木更津店

ヴィレッジヴァンガード_イオンモール木更津店のすぐ近くにH&Mイオンモール木更津店があったので取材にいきました。(取材日:2022年8月6日)



H&Mは1階と2階が店内でつながっています。ほかの店舗でも2フロアつながっている店舗がよくあります。


たくさんの品数のある店内をくまなく探していると・・・
いた!バートのTシャツ!いじめっ子も一緒です。全員の名前をいえるかな?答えは最後に

H&Mは店舗によって時々シンプソンズ製品があるので見かけたときには調査してます。来てよかった!



さすがH&Mお手頃価格
生地も比較的しっかりめ。何回も着られそう!


シンプソンズっぽい靴下を発見



子供用のスパイダーマンコスチューム

今の子供たちがうらやましい


H&Mイオンモール木更津店さん、シンプソンズ製品を扱って下さり、ありがとうございます。
これからもたくさんの取り扱いをよろしくお願いいたします。

H&Mイオンモール木更津店
〒292‐0835
千葉県木更津市築地1-4 イオンモール木更津 1F&2F
電話番号:0120-866-201
営業時間: 10:00~21:00
定休日: 不定
HP:https://www.fashion-press.net/maps/21578

いじめっ子は左からカーニー(妻子あり)・ジンボ(金持ちの息子)・ネルソン(お父さんがピーナッツアレルギー)・ドルフ(・・・なんか特徴あったっけ?あ、そうだクリンゴン語を含む10か国語を操るらしい。ジンボと間違いやすい)です。

D23 Expo 2022でのシンプソンズ情報まとめ


2019年のシンプソンズ初登場時にも本ブログでご紹介した「D23 Expo」。
simpsons333.hatenablog.com
今回、3年ぶりにアナハイムで開催され、シンプソンズのパネルも登場しましたので、本国関係者、ファンのツイートを中心にこちらにまとめておきます。


シンプソンズパネルの司会は、前回(2019年)同様、リサ役のイヤードリー・スミス氏!

・新作短編「リサ・シンプソンのクラブへようこそ:Welcome to the Club」の上映。

・会場限定の特別映像も流されました。


マーベルよろしくシンプソンズ・シネマティック・ユニバース:SCU情報(ウソ)

・最新シーズンであるS34の本国放送開始後の10月5日から、米D+で前シーズンのS33配信開始。

・S34に関する最新情報
ハロウィンエピソードが2話あることは、コミコンでも発表されたとおり。


simpsons333.hatenablog.com

S1でアルバート・ブルックス(MOVIEではEPA局長のラス・カーギル)が声を担当した、あの人気キャラがカムバック?


simpsons333.hatenablog.com
simpsons333.hatenablog.com

ミルハウス父のカークや、カールがついにメインとして描かれるエピソードの制作が発表されたりも。

・事前にTwitterでも告知されていた、ライブドローイング。

・ピントレーディングのピンも出ちゃいました。

・そして、お馴染み!クリエーター陣&出演者(リサ:イヤードリー・スミス氏)のサイン会。
こういう交流ができるのも、イベントの醍醐味ですね。


(↑ミニポスターのデザインはS34のハロウィンネタ)

シンプソンズ広告





シンプソンズ日本上陸30周年記念企画!「シンプソンズとWOWOW」

1990年11月開局、1991年4月に本放送が開始された衛星放送局:WOWOW(日本初の有料衛星放送局)黎明期のキラーコンテンツの1つとして、1992年9月19日(土)に放送が開始され、日本上陸を果たした「ザ・シンプソンズ
今年はその日本上陸から30周年という記念すべき年ですので、30周年企画としてネット上にはほぼ残っていない情報をTwitter等にも掲載していきます。


30周年記念企画のブログ記事としては、やはりWOWOWについて語らないわけにはいきません!ということで、シンプソンズWOWOWと題してお送りいたします。

WOWOW MONTHLY PROGRAM GUIDE 1992年 9,10月号)

ザ・シンプソンズ」は、本国で大ヒットを飛ばして話題になっていたこともあり、当初は地上波放送も計画されていたそうですが、最終的には当時「ツイン・ピークス」を日本に紹介して大旋風を巻き起こし、早くも加入者数100万人を突破していたWOWOWが放送権を取得し、1992年9月19日(土)から毎週土日のノンスクランブル(無料放送)帯に、シーズン1、シーズン2と立て続けに放送しました。

20世紀FOXホームビデオ(当時)の販促チラシ)

局の目玉番組の1つとして、有料放送局なのにあえてのノンスクランブル帯に放送していたところに、とにかく日本でシンプソンズを広めよう、というWOWOW側の熱い思いを感じます。


WOWOW MONTHLY PROGRAM GUIDE 1992年 9月号)


WOWOW MONTHLY PROGRAM GUIDE 1992年10月号)

そして、WOWOWでのシンプソンズの放送を語る上で欠かせないのが、日本語吹き替え版について。

WOWOWの元プロデューサー:橘田寿宏氏(シーズン7~9担当)は、第1回シンプソンズファン感謝祭のステージにご登壇いただいた際、シンプソンズアメリカでの評判が非常に高かったので、『クオリティの高いアニメーションを目指そう!』として、有り得ないくらい、大平透さんをはじめとした一流声優さんたちに参加して頂きました。逆に私たち制作者としては、これだけの声優さん方に出演していただいて、変な作品は作れないということで、本当に緊張感を持って制作しました」と語られ、ホーマー役の大平透も放送当時のインタビューや我々がお話を伺った際に「最近は、若手がほとんでベテランは少しだけの番組が多い中、シンプソンズは脇まで全ての声優がプロフェッショナルで、他の番組では主役を張ってるレベルのキャストが揃っている」と語られていました。

また、当時の制作関係者の方から伺ったところによると、日本版シンプソンズ立ち上げ時のキャストには、“ジュニアランク”の新人声優は誰もおらず、全員がいわゆる“ランカー”の出演者であり、声のお芝居の歴史と共に歩んできた大御所を筆頭に、中堅以上のベテランの方々で固められており、他の誰も真似できないような豪華な吹き替え版であったとのことです。
simpsons333.hatenablog.com


(シーズン6「ライバルはウィノナ・ライダー」(WOWOW放送時にはシーズン5として放送)収録後のファミリー声優のみなさん)

吹き替えの演出(ディレクター)には、テレビ放送の創成期から活躍された、外画吹き替えの名ディレクター:春日正伸氏
TV映画の吹き替えを中心に、半世紀に渡り数多くの作品に携わられ、今ではすっかりお馴染みのジャッキー・チェンの声に石丸博也氏(シンプソンズではライオネルハーツ弁護士役他でご出演)をキャスティングされたことや、テレビ朝日日曜洋画劇場」やフジテレビ「ゴールデン洋画劇場」等で数々の名吹き替えを世に送り出されたことで有名です。

そんな春日氏によって日本版シンプソンズのキャスティグが行われ、ホーマー役の大平透氏のみ、この役には大平さんしかいない!という春日氏の思いでオーディションなしの指名で配役され、他のキャストについても、春日氏が声優界の女神様と呼んでいた堀絢子氏(バート役)、同じく声優界の神様と呼んでいた滝口順平氏(エイブじいちゃん役)をはじめとした、春日氏が心から信頼するあり得ないほどの豪華キャストが配役されました。

そして、吹き替え翻訳には、近年では戯曲の翻訳でも大活躍されている、徐賀世子
海外ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」「宇宙船レッドドワーフ号」「恐竜家族」をはじめ、数々のテレビシリーズ、映画作品での躍動感のあるユーモア溢れる翻訳が人気で、ホーマー役の大平さんも絶賛されていた、吹き替え翻訳の達人!
その他、熟練スタッフに、制作会社、やる気満々のWOWOWの方々が集結して、日本版シンプソンズが立ち上げられたわけなのです!!

(補足しますと、シンプソンズに限らず、テレビ吹き替え作品は権利元ではなく、それを放送する(=放送権を取得した)テレビ局が制作するものでした。そのため、シンプソンズに関しては、WOWOW主導で吹き替えが制作されたのです。)


続いて、番組の構成について。
番組冒頭には日本語版タイトルロゴ、カウチギャグ後の導入部(後になってカウチギャグ直後のテレビ画面に表示されるようになります)には邦題が表示されていました。

そして、番組のエンディングには、当時のTV吹き替えにはお馴染みの形式のスタッフクレジット。




オリジナルのクリエーターの名前が表示され、その後に吹き替えキャスト、制作スタッフと順番に表示されていました。
こういう形式のエンドロールは、どなたが何の役をやっているのか分かるので、意外な発見があって楽しいところです。

さらに、あらすじナレーション付きの次回予告。


マージ役の一城みゆ希さん、リサ役の神代知衣さん(バート役の堀絢子さんが担当された回もあります)が交代で、お馴染みのキャラの声で「サザエさん」よろしく次回のあらすじをナレーションされていました。
あらすじが、「○○で、さぁ大変!」で締められることが多く、シンプソンズは大変なことが多いな、と楽しんで見ていたものです。笑

本編の吹き替え以外のところにも、上記をはじめとした数々の工夫がされており、“日本版シンプソンズ”として視聴者を楽しませてくれる数多くの仕掛けが施されていました。

WOWOW MONTHLY PROGRAM GUIDE 1992年11月号)


WOWOW MONTHLY PROGRAM GUIDE 1992年12月号)

上記のWOWOWの放送素材が、全国のローカル局への番組販売にも使用されたため、WOWOW加入者以外にも目にした機会が多いかと思われます。
以前、全国のファンを対象に行った調査で、“はじめてのシンプソンズ”が各地方ローカル局の放送だった、という回答が予想以上に多く、改めて地上波の力、そして何よりWOWOWが作った“日本版シンプソンズ”の力を感じたものです。

こうして、万全の態勢でWOWOWでのテレビ放送が始まったシンプソンズ

シンプソンズWOWOWさんの手を離れて随分と時間が経過しましたが、WOWOWさん(そして、それに関わったすべての人たち)がシンプソンズに注いだ愛は作品の中でいつまでも色褪せることなく輝き続けていきます!!


以下、2022年中に不定期に更新予定のシンプソンズ日本上陸30周年にまつわるツイートを追記していきます。

大平さんのシンプソンズ台本:シーズン2「落第バート:Bart Gets an F」

シーズン2、第1話「落第バート:Bart Gets an F」October 11, 1990(日本初回放送:1992年11月14日、録音日:1992年10月15日)

本国ではシーズン2の第1話ですが、日本(WOWOW)ではシーズン2の第3話(シーズン1:13話+シーズン2:3話=第16話)として放送されました。
また、表紙からも分かるように、アフレコ時には邦題が未定であったようです。
simpsons333.hatenablog.com
なお、WOWOWでは、シーズン1とシーズン2は間をあけることなく放送されたことから、吹き替え収録もシーズン1から間髪入れずに行われました。

シーズン1の勢いそのままに、大平さんをはじめとするレジェンド吹き替えキャストと、吹き替え演出のパイオニア:春日正伸ディレクターからバトンを受け取ったご子息の春日一伸ディレクター(一部、春日正伸Dが続投されているエピソードもあります)、大平さんが絶賛した翻訳家の徐賀世子さん、その他熱い熱い日本語版スタッフの皆さんの手による、シーズン2に突入します!!


<以下、ネタバレになります>

続きを読む