シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン9、第19話「キャプテン・シンプソン:Simpson Tide」

シーズン9、第19話「キャプテン・シンプソン:Simpson Tide」March 29, 1998
f:id:simpsons333:20210928010252p:plain
原発をクビになり、ひょんなことから海軍予備校に入ったホーマーは、厳しい(?)訓練を乗り越え、年に1度の大演習に参加することになる。
原子力潜水艦の乗組員となったホーマーであったが、なぜか艦長のテニール大佐に気に入られ、指揮を任されることに。
しかし、例によって大トラブル発生しちゃったから、さぁ大変!
にわか艦長のホーマーの運命やいかに!?


<以下、ネタバレになります>


・本エピソードの原題やストーリーは、1995年の映画クリムゾン・タイドのパロディ。

・今回のカウチギャグは、「ロッキーとブルウィンクルの大冒険」の短編の最後に流れていたバンパー映像の忠実なパロディ。
音楽までオリジナル版を使用しちゃってるこだわりっぷり!
f:id:simpsons333:20210928010549g:plain
・冒頭のホーマーが裁判にかけられているシーンは、もちろん猿の惑星のパロディ。
f:id:simpsons333:20210928010637g:plain
「初出勤なんで」
f:id:simpsons333:20210928010753g:plain
この後、吹き替え版ではいつもとは一味違う感じでホーマーにクビ宣言するバーンズ社長。台本では、「お前はクビ!」となっているようですが・・・、さぁ実際の音声をチェックです。
・ホーマーが入隊の質問にバツがしてあると指摘するシーンは、時のクリントン大統領による、Don't Ask, Don't Tell(訊ねるな、答えるな)政策をネタにしたもの。
これ、もともと同性愛者が軍に入ることを禁じていたところを、聞かなきゃ、答えなきゃ、どういう性的指向があるか分からないから入隊OK!というとんちの元、入隊を許可した政策。2011年廃止。
f:id:simpsons333:20210928010940g:plain
・ホーマーと一緒にその周りの男性陣もついて行っちゃうお馴染みの展開。
ホーマーは映画ディア・ハンターみたいと指摘し、ベトナム戦争を描いた映画ということから、ふと大切なことを思い出すモー。
f:id:simpsons333:20210928011028g:plain
コロンボのものまねをするホーマー。名翻訳、名吹き替えの「うちのカミさん」のセリフをチョイス。(原語版では「もう1つだけようござんすか?」の部分)
f:id:simpsons333:20210928011452g:plain
"Do the Bartman"を披露するバートに、「それ流行ったの91年だよ」と楽屋オチ的な鋭いツッコミを入れる、やけにキレてるラルフ。
f:id:simpsons333:20210928011226g:plain
・階級によって観られる娯楽にも差が?
f:id:simpsons333:20210928011810g:plain
俳優のボブ・デンバー(漂流した個性豊かな面々の無人島での生活を描いたコメディ「ギリガン君SOS」主演)が本人役で出演。
・どこもかしこもスタバだね。
f:id:simpsons333:20210928011625g:plain
・艦長のテニール大佐の原語版のボイスキャストは、本エピソードと合わせてのチェックは必須の映画「軍曹」等でお馴染みの俳優:ロッド・スタイガー氏(本当に魚雷管にはまったことがあると、本エピソードの収録時にクリエーターのアル・ジーンに話したのだそう)。
f:id:simpsons333:20210928011833g:plain
ちなみに、テニール大佐(キャプテン・テニール)のキャラ名は、70年代に活躍したポップデュオ「キャプテン&テニール」からとられています。
・潜水艦が潜水を始めるシーンで流れるのは、ヴィレッジ・ピープル「In the Navy」
f:id:simpsons333:20210928011907g:plain
先にご紹介した、Don't Ask, Don't Tell政策絡みのネタでござい。・ムードライトとともに流れ始めるのは、イパネマの娘。急にムーディ。
f:id:simpsons333:20210928011925g:plain

www.youtube.com
・生粋のテレビっ子のホーマーが、アジア系乗組員を突然"ミスター・スールー(サル―)"と呼んじゃうのは、宇宙大作戦スタートレック)」"ヒカル・スールー"(日本的にはミスター・カトー)から来てます。
なお、そのアジア系乗組員は、ミスター・カトーを演じ、シンプソンズには日本人キャラ:アキラ役で出演した、俳優のジョージ・タケイ氏に似せたキャラ造形になっています。
f:id:simpsons333:20210928012032g:plain
・ロシアがソビエト連邦へまさかのチェンジ!!
f:id:simpsons333:20210928012203g:plain
なお、このシーンの音楽は、オペラ「イーゴリ公より「Boyar´s Chorus」

www.youtube.com
・ラストで艦長がセクハラで起訴されていると告白するシーンは、1991年の海軍、海兵隊内でのセクハラ問題から引っ張ってきたネタ。
f:id:simpsons333:20210928012214g:plain
おまけ:本エピソードは1995年に脚本が作られ、1996年に制作されたエピソードということもあり、どこか絵柄がシーズン7っぽくないですか?シンプソンズ上級者の方、いかがでしょう?


<声の出演>

役名 お名前
ホーマー 大平透
マージ 一城みゆ希
バート 堀絢子
リサ 神代知衣
エイブ 滝口順平
レニー,ドイツ将校,男2,男4 朝戸鉄也
カール,軍曹,レーニン,将校1 辻親八
スミサーズ,アナウンサー2,ボブ・デンバー,司令官,艦長 目黒光祐
バーンズ,男3 北村弘一
バーニー,アプー,バーニーの母,兵1,アメリカ代表 広瀬正志
モー,男1,ロシア代表 稲葉実
ミルハウス,ドーナツ2,リクルーター,ジンボ,兵2,売り子,クルー1 飛田展男
ラルフ,士官 真柴摩利
スキナー,ジャイアント・ドーナツ,アナウンサー1,シェフ,テニール,サルー,将校2 青森伸
ケント・ブロックマン,ドーナツ1,将校3 糸博



<日本語版スタッフ>

役職 お名前
翻訳 徐賀世子
演出 向山宏志
調整 飯村靖雄
スタジオ グロービジョン
番宣 鈴木路子(WOWOW
プロデューサー 橘田寿宏(WOWOW),吉田啓介
配給 FOXテレビジョン
制作 グロービジョン