シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広めるために日本語吹替版のエピソードガイド、グッズを買えるお店の紹介、大平透さん使用のアフレコ台本の研究、等々を掲載しています。

シーズン2、第19話「リサのときめき"Lisa's Substitute"」

シーズン2、第19話「リサのときめき"Lisa's Substitute"」April 25, 1991

病に倒れた担任の代わりにやってきた、ハンサムなバーグストローム先生にリサはひとめ惚れ。子供たちの心をつかむ事に長けた見事な授業に、その思いはつのるばかり。一方バートのクラスでは、クラス委員の選挙戦がはじまり、バートは常勝マーチンに挑戦することに…
<以下、ネタバレになります>
・リサの担任フーバー先生が罹患したというライム病とは、ダニが媒介する感染症の一種(スキナー校長が黒板にtick"ダニ"と書くのはそのため)。アメリカ北東部のニューヨーク州で、特に発病数が多い病気なのだそうです。
・ウエスタンルックのバーグストローム先生が教室に現れるシーンに流れるのは、『続 夕陽のガンマン"The Good, the Bad and the Ugly"』の、あの忘れられない口笛のテーマ曲。
https://https://www.youtube.com/watch?v=IGlhHc-Dvh0

・感動的な朗読で、教室を涙の海に沈めるシーンで読まれるのは、子豚と蜘蛛の友情を描いた児童文学『シャーロットのおくりもの』。・バーグストロームを演じるのは、名優ダスティン・ホフマン。ゲストに各界著名人が惜しみなく起用されるのは、シンプソンズの特徴にして魅力のひとつですが、この頃はまだ番組自体の知名度もさほどなかったのもあり、エンドクレジットでは偽名となっています。

なお彼の外観は、脚本家チームの一人であるマイク・リースをモデルにしているのだとか。

・クラバーペルがバーグストロームに色目を使うくだりは、ホフマンの出世作『卒業"The Graduate"』での幼馴染の母親に誘惑されるシーンのパロディ。

・クラス委員選挙でのマーチンの公約は、学級文庫アシモフ、べスター、クラークをはじめとした名作SF小説を揃えること。レイ・ブラッドベリがわざわざ名前を挙げてまで軽んじられるのは、ファンタジーの要素が強いからなのかな? もっとも、アルフレッド・べスター作品も、どちらかというとブラッドベリよりなんですが。・一方バートが展開するのは、自分の意見は特に主張せずに、相手のスキをひたすら突っ込む戦略。さらに“買収工作”も展開し、勝利は確実と思われたものの…

・先生に入れ込むあまり、自堕落なホーマーへの父親としての敬意を失ってゆく娘の姿に心を痛めるマージは、リサにある提案をします。しかし…

・駅のホームのシーンでバーグストロームがリサに贈り物を手渡すくだりは、川端康成の短編『朝雲』(短編集『花のワルツ』所収)を彷彿とさせられます。

<声の出演>

役名 お名前
ホーマー 大平透
マージ 一城みゆ希
バート 堀絢子
リサ 神代知衣
バーグストローム 中尾隆聖
クラバーペル 巴菁子
スキナー 青森伸
マーティン 安達忍
ミルハウス 飛田展男
ルイス 渡辺久美子
フーバー さとうあい
ウェンデル 野村真弓
ジェイニー 真柴摩利
ネルソン 安西正弘
シェリ 白石文子
テリー 安藤ありさ



<日本語版スタッフ>

役職 お名前
翻訳 徐賀世子
アドバイザー 井上真紀
調整 栗林秀年
効果 関根正治
演出 春日一伸
プロデューサー Kristen Duncan,小川眞紀子
録音 Studio Saurus
編集 ミューテック・スタジオ
制作 ムービーテレビジョン