シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン6、第15話「クラスティのピエロ学校"Homie the Clown"」

シーズン6、第15話「クラスティのピエロ学校"Homie the Clown"」February 12, 1995
f:id:simpsons333:20180727022858j:plain
金遣いの荒さのせいで財政危機に陥ったクラスティは、起死回生の策としてピエロ学校を設立。修了したホーマーは、クラスティ本人がやりたがらない、地域の雑多なイベントの類での代用の仕事をはじめる。その頃クラスティは、スプリングフィールドを仕切るマフィアとの賭けに大敗。追い詰められ逃亡した彼を追う魔の手は、ホーマーにまで伸びて…
<以下、ネタバレになります>
・サブタイトルの邦題や、このエピソードに限らず吹替えや字幕では"ピエロ"のクラスティとなっているものの、オリジナルでは共に"クラウン"。私達にはピンとこない両者の差異ですが、どちらかというと陽気で毒舌なクラウンの中でも、哀感をたたえたキャラクターの者をピエロと呼ぶらしく、ドタバタよりもペーソス志向な日本人の好みに合うなどの理由により、こちらの呼称が一般的となったと思われます。
f:id:simpsons333:20180727022717j:plain
表向きには子どもたちのアイドルを演じつつも、あからさまなダークサイドを併せ持つクラスティは、スティーブン・キングの『IT』の悪役ペニーワイズなどと、同じ地平に立つ存在と言えるかもしれません。

IT(1) (文春文庫)

IT(1) (文春文庫)

・お札や宝石で葉巻に火をつけるクラスティのお大尽ギャグのひとつとして、コミックブックを燃やす描写がありますが、コレはスーパーマン第1話が掲載された1938年発行のAction Comics。希少な古書として、大変なプレミア価格で取引されている代物。
f:id:simpsons333:20180727022705j:plain
f:id:simpsons333:20180727022735j:plain
そういえば、シーズン5「夢のカルテット」の冒頭、かつてホーマーらが結成していたアカペラコーラスグループ "The B Sharps"のアルバムが発掘される蚤の市でも、同じく高価な切手など共に捨て値で叩き売られているギャグがありましたね。
f:id:simpsons333:20180727022745j:plain
・通勤途中の道路沿いに掲示された、ピエロ学校のビルボード広告。
f:id:simpsons333:20180727022930j:plain
最初は全く気にしない素振りをしていたホーマーでしたが、その日の夕食の席では家族たちがピエロの扮装で踊る幻覚を見るほどまでに。
f:id:simpsons333:20180727022910j:plain
このシーンの最後で、口を尖らせスキャットするマージがキュート!
・ホーマーが、皿の上に載せたマッシュポテトをサーカスのテントの形にするのは、スピルバーグの『未知との遭遇"Close Encounters of the Third Kind"』で、主人公のリチャード・ドレイファスがデビルスタワーのミニチュアを作り始めるくだりのパロディ。
f:id:simpsons333:20180727022755j:plain
https://https://www.youtube.com/watch?v=dSpQ3G08k48
・クラスティの学校で、定番衣装のダボダボパンツを穿いてみたところ、ピッタリなのに感動するホーマー。
f:id:simpsons333:20180727022841j:plain
・ホーマーの偽クラスティ初仕事は、クラスティバーガー新製品発表イベント。マクドナルドのハンバーグラーをパクったキャラクターをマジにボコボコにして、集まった子供たちをドン引きさせる結果に。
f:id:simpsons333:20180727022806j:plain
・続いて、ミルハウスの誕生日のスペシャルゲスト。適当なバルーンアートを作ってやって、今度はラルフを泣かせる。
f:id:simpsons333:20180727022818j:plain
・ピエロ仕事のフランチャイズ化により、財政問題を解決したクラスティだが、調子に乗ってファット・トニーとしたスポーツ賭博に大敗。掛け金の支払いを凄まれると、トイレに行くと見せかけ、そのまま逃亡。それに気付かないトニーらに、間違えて拉致されてしまうホーマー。

ここで、俺はクラスティじゃない!とホーマーが連発する偽名のひとつのジョセフ・ヴァラキとは、それまで謎に包まれていたイタリアンマフィアの実態を議会証言により詳らかにした人物。その経緯は『バラキ』のタイトルのもと、チャールズ・ブロンソンの主演で映画化されています。

バラキ ブルーレイ [Blu-ray]

バラキ ブルーレイ [Blu-ray]

  • 発売日: 2013/06/28
  • メディア: Blu-ray
・大ボスのディマジオから、大好きな自転車の芸を見せてくれれば、命は助けてやると言われるホーマー。しかし、それは一度も成功した経験の無い難物だった。
f:id:simpsons333:20180727022828j:plain
そこに駆けつけた本物のクラスティと共に、彼らは生き延びることが出来るのか!?
f:id:simpsons333:20180727022922j:plain
並んで立つと、ほぼ見分けのつかない二人。
・なお、ホーマーの頭が当たったワイングラスが奏でるメロディは、『ゴッドファーザー』愛のテーマです。
f:id:simpsons333:20180727022940j:plain



<声の出演>

役名 お名前
ホーマー 大平透
マージ 一城みゆ希
バート 堀絢子
リサ 神代知衣
クラスティ 島田敏
ファットトニー 津田英三
レグズ 北村弘一
レニー 朝戸鉄也
ミルハウス 飛田展男
ラルフ 真柴摩利
カーク 糸博
カール 辻親八
ウィガム 中村大樹
アプー 広瀬正志
フランダース 稲葉実
クラスティの秘書 永山あけみ