シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

コミコン×シンプソンズ特集!

シンプソンズにもコンベンションネタはたくさん!
今回はコミコン開催記念として”コミコンとは何か?”代表的なシーンをまとめてご紹介します。


●シーズン2「幻の創刊号:Three Men and a Comic Book」
スタッフも語っているように、導入部は全コミック・アニメファンに捧げるシーンだそう。

バートたちが訪れるのは、「第12回"コミックとの遭遇"コンベンション」

コスプレして入場したり…


コミック作家が来場していたり…

テレビに出てたあの人がファンの質問に答えたりも…

ここじゃないと出会えないような、すごい品に出会うことも!

このコミックをキッカケに物語が展開していきます。
初期の名作エピソードの1つ!ぜひチェックしてみてください!

●シーズン10「ボディガード・ウォーズ:Mayored to the Mob」
スプリングフィールドで行われたサイファイコンに、「スター・ウォーズ」のルーク役でお馴染みのマーク・ハミルがゲストとしてやって来た!

ちなみに、声も本人。
「フォースの覚醒」公開前、彼のツイッターアイコンがシンプソンズ化されたこのときの自分だったことから、かなりお気に入りだった様子。ハミル以外にも、たくさんのゲストが来場!


来場者も思い思いのコスチュームに…

こういうときの校長&クラバーペル先生コンビの出席率、相当高め!●シーズン15「スキナー校長のマリッジブルー:My Big Fat Geek Wedding」
SFコンベンション会場に、シンプソンズの原作者:マット・グレーニング登場!
コスプレした来場者たちがサインをもらっています。


マット・グレーニングが手掛けた超大作(?)SFアニメ「フューチャラマ」のベンダー人形にサインをもらう、ミルハウス。ツウだぜ!

この2人のコスプレ衣装のチョイスも絶妙(?)すぎます。



ちなみに、本国で一番有名かつ巨大な「サンディエゴ・コミコン」(通称:SDCC)では、恒例イベントとしてシンプソンズのスタッフや声優陣がステージに登場、ファンからの質問に答えたり…

サイン会があったり…

放送局ブースとは別に、マット・グレーニングが設立したコミック会社「ボンゴ・コミック」ブースもあったり…

さらに、グッズを販売しているメーカーがコミコン限定商品を出したりとか…

ファンも負けずに、濃いコスプレで会場を盛り上げます!!

…こんな感じで、とにかく盛りだくさん!
ファンなら、ユニバーサルスタジオのスプリングフィールドエリア同様、行ってみたいスポットにランクインすること間違いなし!
シンプソンズに限らず多くの最新映画やドラマ、アニメの関係者と触れ合える、ファンにとってはまさに"神イベント"、それがコミコンなのです!