シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

第4回シンプソンズファン感謝祭:シンプソンズ大作戦?!:その2

開演時間になると会場の照明が落とされ、どこかで聞いたことがあるメロディーにのってアナウンスが?!
※↓この動画を再生しながらアナウンス内容を読むとファン感謝祭の様子をイメージできます。

『おはようシンプソンズファンの諸君  今日はシンプソンズ感謝祭のためによく集まってくれた。 ありがとう。
 そこで君の使命だが 今日は小さい子供も来ている  お互いにゆずり合うようにしてくれ
 会場内は禁煙だ 携帯電話の電源は必ず切るように マナーモードも禁止とする
 例によって君もしくは君のメンバーが 携帯を鳴らして周りからひんしゅくをかっても
 当局は一切関知しないのでそのつもりで
 なお、電源を切らない携帯電話は自動的に消滅する 成功をいのる!』
※アナウンス:大平透さん!!


緊迫感のある場内アナウンスが終わると闇の中にスポットライトが光り軽快なリズムにのってシンプソンズ声優さん達が舞台に登場です。

まずはネルソン役:桜井敏治さんが「ハッハー!」と登場



つづいてアメリカンポリス姿で登場したのはウイガム署長役:中村大樹さん!
「ハード・ゲイじゃないよ?!(中村さん談)」



リサ役:神代知衣さんはシンプソンズのCDを持ってリズミカルに登場!



シンプソンズファミリーのママ、マージ役:一城みゆ希さんもキュートに登場!



永遠の少年!小っちゃな巨人!堀絢子さんが元気に登場!



シーモア!!」の絶叫でスキナー校長の母親アグネス・スキナー役:鈴木れい子さんが登場!



レニー役:朝戸鉄也さんが凛々しい髭で颯爽と登場!



「ヘイ!ヘーイ!」と激しいアクションでクラスティー役:島田敏さんがドタバタと登場!



そして、われらがホーマー役:大平透さんが登場!



日本を代表する9人の声の役者さんたちがシンプソンズファンのために今年も集まって下さいました!
シンプソンズファン感謝祭の開催です!

第4回シンプソンズファン感謝祭:黙祷:その3

今年でめでたく4回目を迎えたシンプソンズファン感謝祭。しかし、今回のファン感謝祭までには、シンプソンズファミリーとシンプソンズファンにとってつらく悲しい別れがたくさんありました・・・。
エイブ・シンプソン役:滝口順平さん、モード・フランダース役:紗ゆりさん、ホーマーのお兄さんハーブ役:青野武さんとの悲しい別れです。
今回のシンプソンズファン感謝祭では、バーンズ社長役:北村弘一さんを含めた、ザ・シンプソンズの日本語吹替えを支えてきてくださった偉大な声優さんたちに、会場の全員で永年の感謝と哀悼の意を表して黙祷を捧げました。

(上左:北村弘一さん・上右:滝口順平さん・下左:紗ゆりさん・下右:青野武さん)


北村弘一さん・滝口順平さん・紗ゆりさん・青野武さん・・・私達が子供の頃から海外のドラマや映画を自然に楽しむことが出来たのは、皆さんが『吹替え』という卓越した『声の演技』によって子供だった私達を自然に楽しませて興味を持たせて下さったお陰です。本当にありがとうございました。
旅立たれた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。

春のザ・シンプソンズキャンペーン


アメリカ製のシンプソンズグッズをたくさん取り扱っているアメリカントイショップJBさんでは『春のザ・シンプソンズキャンペーン』を開催しております。
(※アメリカントイショップJBさん独自のキャンペーンです、20世紀FOX社とは関係ありません)
今なら買い上げたシンプソンズグッズの金額に応じてレアなシンプソンズ・ステッカー・パックがオマケでプレゼントされます。
私のイチオシはダフビール・ドリンク・ヘルメット

もうすぐ暑い夏!節電対策・熱中症対策に機能・ファッションを兼ね備えたクールでホットなマスト・アイテムです!!
アメリカントイショップJBさんはコチラ→http://www.jbtoys.net/

シーズン14、第2話「不滅のロック魂:How I Spent My Strummer Vacation」

シーズン14、第2話「不滅のロック魂:How I Spent My Strummer Vacation」November 10, 2002

ひょんなことからローリングストーンズのファンタジーキャンプにやって来たホーマー。そこには、ローリングストーンズのミック・ジャガーキース・リチャーズ、さらにはエルヴィス・コステロレニー・クラヴィッツブライアン・セッツァートム・ペティ…と、錚々たるロックスターたちが大集合していた!6人もの大物ミュージシャンの声は、すべて本人達が担当!シンプソンズファンはもちろん、音楽ファンにも必見のエピソード。


<以下、ネタバレになります>

続きを読む

広告

Top Yell (トップエール) 2012年 06月号 [雑誌]

Top Yell (トップエール) 2012年 06月号 [雑誌]