シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン2、第4話「バーンズ知事選に出馬!!"Two Cars in Every Garage and Three Eyes on Every Fish"」

シーズン2、第4話「バーンズ知事選に出馬!!"Two Cars in Every Garage and Three Eyes on Every Fish"」November 1, 1990

原子力発電所近くの池で釣り糸を垂れていたバートとリサは、三つ目の奇形魚を釣り上げる。それを偶然目にした地元紙の記者が記事した結果、発電所には行政の調査が入り、その杜撰極まりない内情が明るみに。
改善の為にかかる莫大な費用に頭を抱える発電所社長のバーンズは、安全基準そのものを変えてしまおうと、任期満了に伴う州知事選挙に打って出るのだが…


<以下、ネタバレになります>


・オリジナルサブタイトルは、第31代アメリカ大統領ハーバート・フーヴァーの選挙スローガン"A Chicken in Every Pot. A car in every garage"のもじり。

ちなみに、この方は魚釣りをこよなく愛したことでも知られています。
スプリングフィールド・ショッパーズ記者の地元ジャーナリストとしての役割は、やがてTVキャスターのケント・ブロックマンに引き継がれます。

・バーンズがメインとなる初エピソード。彼のフルネームが、チャールズ・モンゴメリー・バーンズであることも、初めて明かされます。
なお、当初はシーズン初回の放映が予定されてましたが、裏番組に勝つにはバートが前面に出る必要があるということで「落第バート:Bart Gets an F」に差し替えられたました。
・バーンズのキャラクターや出自・邸宅などは、オーソン・ウェルズ市民ケーン"Citizen Kane"』をベースとしたものですが、このエピソードではそれが色濃く描かれます。選挙演説シーンの構図・スピーチなど、正にそのもの。

市民ケーン [DVD]

市民ケーン [DVD]

・シーズン1の「ヒーロー誕生:Homer's Odyssey」に引き続いて二度目の登場となる、三つ目の奇形魚ブリンキー。これ以降の複数のエピソードや、FUTURAMAでもお馴染みですね。

また、シーズン21「愛のカーリングデート"Boy Meets Curl"」では、カーリングスプリングフィールドチームのマスコットに選ばれてもいます。

・どこかの国で現在進行中の事態を彷彿とさせる序盤の設定には、原子力業界から事実に反しているとのクレームが寄せられたそうです。
また、クライマックスのディナーでのバートの"Dear God.We paid for all this stuff ourselves,so thanks for nothing.(神様、この食事の代金は自分たちで支払い済みなので、あなたへの感謝の意は表しません。)"との台詞にもまた、教会関係者からの苦情が相次いだとか。