シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン4、第22話「クラスティ絶体絶命! "Krusty Gets Kancelled"」

シーズン4、第22話「クラスティ絶体絶命!」"Krusty Gets Kancelledt" May 13, 1993

ホーマーとバートが観ているTVの画面に、突如サブリミナル的に"Gabbo"なる正体不明な単語と声が挿入される。これを手始めに、人為的に口コミを発生させる所謂バイラル・マーケティングの手法による宣伝攻勢が開始。

何処の誰かは知らないけれど誰もがみんな知っている、謎の存在ギャボって?
シーズン4のラストエピソードになります。
<以下、ネタバレになります>


・冒頭に登場する"Springfield Squares"は、60年代から40年近くも放映され続けた長寿クイズ番組"Hollywood Squares"のパロディ。

なお、シーズン11第6話「親子の絆にストライク!"Hello Gutter, Hello Fadder"」には、ひょんなコトからセレブとなったホーマーが、この番組に出演します。

・さてギャボとは、クラスティが独占しているスプリングフィールドの子供向けTVショーの牙城を崩すべく投入された、腹話術人形。

バートの「パンツでも被ってろ"Eat My Shorts!"」に相当する彼のパンチラインは「ボク悪ガキ小便小僧"I'm a bad widdle boy"」。その名前は、天才腹話術氏の半生を描いた1929年制作の映画「グレイト・ガッボ"Gureito Gabbo"」からの引用です。

・たちまち子供たちを虜にするギャボ。当初はライバルに鼻もかけなかったクラスティだが、小手先の対処策は全く功を奏さず、彼の番組はあっさり打ち切り。

・バートにより失言を暴露されてしまったギャボだが、一度掴んだ人気は衰えない。

・街角で、すっかり落ちぶれたクラスティの哀れな姿を目撃したバートとリサは、復帰スペシャル番組を放映する為に、各界のセレブ達に出演交渉を開始。まずは、彼の旧友でもある歌手・女優のベット・ミドラーに会い快諾を得る。


・引き続き、PLAYBOY誌の創刊者として知られるヒュー・ヘフナー


・さらに、何故かモーの店からのオファーを受けてやって来たものの、案の定揉めていたところのレッド・ホット・チリ・ペッパーズ



Give It Away

Give It Away

・直接本人には会えなかったせいで、マネージャーに勝手に出演を断られてしまったエリザベス・テーラーですが、彼女は本エピソード以外にも、シーズン4第10話「シンプソンズ家の大事件"Lisa's First Word"」にてマギーの声を演じています。

・ほんの少しの間に肥満してしまったクラスティの体型を引き締める為に、シンプソンズファミリー総出によるシェイプアップ作戦もスタート!

サンドバッグ代わりにキッチンに吊るされた肉の塊をパンチするのは、言うまでもなく「ロッキー"Rocky"」のパロディです。

・芸能界から足を洗ってしまったサイドショーメルの代役は、何と「ビバリーヒルズ青春白書"Beverly Hills,90210"」のディラン役で知られるルーク・ペリー

ビバリーヒルズ高校白書 シーズン1<トク選BOX> [DVD]

ビバリーヒルズ高校白書 シーズン1<トク選BOX> [DVD]

・さらに名司会者ジョニー・カーソンも加わり、遂にスペシャル番組がスタート! 果たして、クラスティが再び栄光を取り戻すコトが出来るのか?
なお番組のセットは、1968年に放映されたエルヴィス・プレスリーのカムバックスぺシャルのそれを、模したもの。

・ところで本エピソードには、何故かマージの台詞は一言もありませんでした。