シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン4、第12話「モノレールの甘い罠"Marge vs. the Monorail"」

シーズン4、第12話「モノレールの甘い罠」"Lisa's First Word" January 14, 1993

放射性廃棄物の不法投棄の罪で、300万ドルの罰金を科せられたバーンズ。この、街への臨時収入を有効に還元すべく、市庁舎で住民集会が開催される。道路の補修など、地味なれど現実的なマージの提言が覆される中、ふらりと会場に現れた見知らぬ男からモノレールの建設が提案され、満場一致で可決されてしまうのだが…


<以下、ネタバレになります>


・冒頭の職場からホーマーが車で家に帰るシーンは、60年代に人気を博した『原始家族フリントストーン"The Flintstones"』オープニングへのオマージュ。なお、ホーマー役の大平透さんは、こちらの主人公フレッドの声も担当されていました。

・判決を受けるシーンでバーンズが拘束されているのは、『羊たちの沈黙"The Silence of the Lambs"』などに登場する、ハンニバル・レクター博士のパロディ。


羊たちの沈黙〈上〉 (新潮文庫)

羊たちの沈黙〈上〉 (新潮文庫)

・突然現れた詐欺師ライリーが、言葉巧みに人々の心を掴んでいく流れは、50年代のブロードウェイミュージカルで62年に映画化もされた"The Music Man"を元にしています(映画は国内未公開)。



・ライリーにのせられた住民たちが、モノレールの素晴らしさを唄い踊る"The Monorail Song"は、全シリーズを通しても一二を争う名ミュージカルシーン。

・ライリーとモノレールに夢中な住民達の中で、ただ一人不信感を募らせるマージは、その仮住まいであるトレーラーハウスにて、今回の詐欺計画が記されたノートを発見!

かつて、同様にモノレールを建設した街を訪れた彼女は、そこが廃墟と化している実態を知ります。技術担当だった住民を見つけ出すと、彼を伴い大急ぎでスプリングフィールドに戻るマージ。

しかし一歩遅く、運転手として雇われたホーマーの手によるモノレールの処女走行は、すでに始まっていました。
・開通記念式典のゲストは、ミスタースポックでお馴染みのレナード・ニモイ

当初は、同じくオリジナルのスタートレックのレギュラーであったジョージ・タケイにオファーされたのですが、当時公共交通関連の理事を務めていた関係で断られてしまい、ニモイに交代してもらったのだそうです。

なお、その後ジョージ・タケイは国内未放映エピソードであるシーズン10"Thirty Minutes Over Tokyo"での、日本のクイズ番組の司会者をはじめとして、複数のエピソードにゲスト出演しています。

・またゲストの中には、シーズン3「魅惑のカントリー歌手」に登場したローリーンの姿も!

残念ながら、ホーマーと袂を分かって以降の芸能活動は芳しくない模様です。・ホーマーの着る運転手の制服は、何故かマントまで付いたスターウォーズの帝国士官風。

・暴走し始めたモノレールのボディに貼られたスプリングフィールドの文字が剥がれた後には、何と60年代半ばに開催された、ニューヨーク万国博覧会(New York World's Fair)のロゴが!

なお、博覧会会場内を実際に走行していたモノレールは、レールの下に車両がぶら下がる懸垂式と呼ばれる別方式のものでした。

・さて、マージは暴走するモノレールから愛するホーマーやバート、そして乗客達を救うコトが出来るのか?
そして、歓迎式典の最中にまんまと姿を消した詐欺師ライリーは、このまま逃げおおせてしまうのか?