シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

【追悼】大平透さんの経歴

・1929年9月24日生まれ


・1952年:クリスチャンの父親の勧めでオーディションを受け、キリスト教ラジオ「ルーテル・アワー」のアナウンサーでデビュー。アナウンサー講習会への参加や、大学での勉強と共に仕事を行う。


・1954年:フリーアナになり、ニッポン放送の制作プロデューサー兼アナウンサーとして活躍。



・1955年:TBS(当時のKRT)開局と共に同局が開設した放送劇団に倍率100倍のなか合格・入団、「まんが・スーパーマン(フライシャー・スタジオ制作)」テレビ初の日本語吹替えを行う



・1956年:同じくTBS(KRT)で実写版TVドラマ「スーパーマン(主演:ジョージ・リーヴス)」がスタート。4年間放映。



・1958年:TBS(KRT)の放送劇団が解散、フリーとなる。


・1961年:フジテレビ「恐妻天国(原始家族フリントストーン)」フレッド役シリアス路線からコメディ路線の新境地を開拓

シンプソンズにはフリントストーンネタが多く登場しており、シーズン4「モノレールの甘い罠」では、吹き替え版でも大平透さんがフリントストーンのテーマ曲の替え歌を熱唱しています!





・1963年:大平プロダクションを設立、同年、日本俳優連合の前身となる「協同組合日本放送芸能家協会」の創立メンバーとして参画。


・1966年:Pプロマグマ大使の悪の帝王ゴア役で声優+スーツアクターの二役に挑戦。最終回2話では大平透さんがアナウンサー役として出演、続くPプロ作品「宇宙猿人ゴリvsスペクトルマン」では公害Gメン(後に怪獣Gメン)の倉田室長として出演した。



・1967年:フレッド役(「フリントストーン」)のコメディ演技が高く評価され、タツノコプロおらぁグズラだどのグズラ役に出演、以後数多くのタツノコ作品に出演することになる

同年、日本テレビで放送が開始されたスパイ大作戦で指令のナレーターを務め、印象的なオープニング・ナレーションにより、以降ナレーター仕事やCMが激増する。

【1979 ウィルソン 10オール】




・1969年:タツノコプロハクション大魔王の魔王役が大ヒット。




・1975年:東映秘密戦隊ゴレンジャーでナレーターを務め、以降数多くの東映特撮ヒーロー番組に出演(「超力戦隊オーレンジャー」では皇帝バッカスフンドとして出演)することになる。

秘密戦隊ゴレンジャー」の次週予告で、なぞなぞを出題してちびっ子に大なぞなぞブームの火付け役となる。


・同年:FM愛知「FMバラエティー」内のコーナー「大平透の歌謡大作戦」のDJに。
↓1980年8月26日放送分

角川映画「メインテーマ」について語っているので1984年7月頃と思われる。



・1980年:協同組合日本放送芸能家協会が日本俳優連合に改称し理事として俳優声優の地位向上改善に尽力する。


・1982年:大平透声優ゼミナールを開校し後進の指導に教鞭をとる。


・1989年:笑ゥせぇるすまん」喪黒福蔵役は当初別の声優が決まりかかっていたが、キャラクターの絵を見て「私の名前は喪黒福造・・・おーほっほっほ!」と演じてみせたところ大絶賛となり見事に喪黒福蔵の役を務めることになる。



スターウォーズ」3部作の吹き替え版VHS発売に際し、ダースベイダー役を担当。以降のTV放送版のほとんどと、ソフト版ではすべてでダースベイダー役で出演する。

↑左:米国のダース・ベイダー役声優:ジェームズ・アール・ジョーンズ、中央:ダース・ベイダー、右:日本のダース・ベイダー役声優:大平透さん。日米ダース・ベイダー声優がそっくりなのは偶然なのか?!フォースの導きなのか?!



(↑2010年10月10日の小布施ッションにゲスト出演した大平さん。ベイダーの中に入っているのも大平さんです!ご自身所有のボイスチェンジャー付ベイダーマスクに、手作りのマント!)


・1991年:日本テレビで「スパイ大作戦」の続編新スパイ大作戦が放送される。24年ぶりに本編の指令テープの吹き替えを担当。


そして2012年:第4回シンプソンズファン感謝祭では・・・

指令テープのパロディとして、こんな豪華なアナウンスをしていただきました!YOUTUBE初公開です!!


・1992年:WOWOW開局と同時にキラーコンテンツとしてスタートしたザ・シンプソンズ」のホーマー・シンプソン役に!

シンプソンズの吹き替えキャストは全員オーディションであった中、大平さんのみ指名されてキャスティングされた。



・1994年:WOWOW「パパはグーフィーグーフィーのお隣さんにしてライバルのピート役で出演。以降放送されるTVシリーズや長編などでも引き続き担当(吹き替え演出はシンプソンズ同様、向山宏志氏)。
D


・2000年:米国ハリウッドで「ザ・シンプソンズ」放送10周年を記念して10月27日〜29日の3日間、開催された「ザ・シンプソンズ・グローバル・ファン・フェスト」に自腹で参加!原作者:マットグレーニン米国ホーマー役:ダン・カステラネッタと邂逅。


サントリーC.C.レモンのイメージキャラとしてシンプソンズが起用され、CMへホーマー役で出演。2001年には、世界的な広告賞「ニューヨーク・フェスティバル」AME部門で日本初のグランプリを受賞する大ヒットCMとなり、2003年まで放送される。



・2001年:ハクション大魔王のスピンオフ作品よばれてとびでて!アクビちゃんハクション大魔王・おとたま校長役で出演。


・2004年:ザ・シンプソンズの国内放送局がWOWOWからFOXチャンネル。引き続きホーマー役を担当!
笑ゥせぇるすまん」で新人時代に脚本の一部を担当したアニメーション監督・大地丙太郎氏が担当する十兵衛ちゃん2 -シベリア柳生の逆襲-」にお弟子さんと共に出演。


・2005年:「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐公開。ジョージ・ルーカスから「ダースベイダーの吹き替えはミスター・オオヒラだ!ミスター・オオヒラのダースベイダーが一番いい!」という指名があり、ダースベイダーの声を担当!(ルーカス・フィルムは吹き替えキャストが続投する場合でも、声が変わっていないかどうかのオーディションをするほどであり、これはかなり異例のことと言える)


・2006年:アクビちゃんに続くハクション大魔王スピンオフ作品アクビガールアバンナレーションで参加。10月には吹き替え50周年記念パーティーで司会を担当。



・2007年:第1回声優アワード功労賞を受賞




同年8月15日、劇場版「ザ・シンプソンズMOVIE」の日本語吹替え声優がTV版吹替え陣から芸能人に変更になり、大平透さんは「もう、ホーマーはやらない!」と考えていたがファンによる熱烈なリクエストが起こり。、20世紀FOXホームエンターテイメントからの要望もありDVD版でホーマーとして復活することとなった。

映画版「ザ・シンプソンズ」声優変更を考える会のBLOG→http://d.hatena.ne.jp/SERIZO/20080125/p2


同年、11月ミスタードーナツのCMにもホーマー役で出演。



・2008年:「ザ・シンプソンズMOVIE」のDVD・Blu-ray発売とTV版吹替え声優陣復帰に感謝して「第1回シンプソンズファン感謝祭」を主催。応援してくれたファンに感謝を込めて来場者500人全員にサインを書いた。




・2009年:CM:「日産・キューブ」(犬役),「日本振興銀行」(ハクション大魔王役),「キリン氷結」(NA),「KINCO・ノロキンクリア」(NA)出演。

大地丙太郎氏が担当するアニメNHK教育(Eテレ)「おじゃる丸」・TBS「夢をかなえるゾウ」(「笑ゥせぇるすまん」が放送された「ギミア・ぶれいく」のリメイク版とも言える「キミハ・ブレイク」内で放送)にも出演。


・2010年:NTTドコモのCMにダースベイダー役で出演、渡辺謙阿部サダヲ等と共演。2011年初旬まで放映される。



大平透さんのダースベイダーはSANKYO・GREEなどのテレビCMでも大活躍!


・2011年:花粉症対策広報CMやネットアニメにハクション大魔王役で出演。CMサントリー黒烏龍茶」喪黒福蔵役で出演、現在でも放送中。

サントリー黒烏龍茶のCMで大活躍中→http://www.suntory.co.jp/softdrink/kuro-oolong/cm/index.html


・2012年:タツノコプロ50周年記念作品「一発必中!デバンダー」で悪玉のボス・キングブル役で出演!



同年8月、ルーカス・フィルム公認で発売されたスター・ウォーズ・カーナビにダース・ベイダー役声優として出演。

大平さんのダース・ベイダーの声で「反乱軍の秘密基地(目的地)は、この辺にあるはずだ!」と誘導してくれます!


スター・ウォーズ・カーナビ詳細→http://www.dinos.co.jp/tv/starwars/