シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン3、第22話「オットーの免許証"The Otto Show"」

シーズン3、第22話「オットーの免許証」"The Otto Show" April 23, 1992

人気ロックバンド“スパイナルタップ”の野外ライブにやってきたバートとミルハウス。

ステージの不備や演奏のノリの悪さなどから、会場では暴動が発生。命からがら帰宅したバードだったが、初めてのライブ演奏体験に興奮し、俺はロックスターになる!と宣言。早速、エレキギターを買ってもらったものの…
<以下、ネタバレになります>
・スパイナルタップ"Spinal Tap"は、1984年制作のロブ・ライナー監督作品『スパイナル・タップ"THIS IS SPINAL TAP"』に登場する架空のバンド。

脚本と音楽、そしてメンバー役も務めたクリストファー・ゲストは、俳優業と並行して同様のフェイクドキュメンタリー手法によるコメディの第一人者として、その後も『ドッグ・ショウ!"BEST IN SHOW"』『みんなのうた"A MIGHTY WIND"』といった作品を送り出しています。

なお、このエピソードに登場するスパイナルタップのメンバーの声も、映画と同じくクリストファー・ゲストマイケル・マッキーン、そしてオットーにスキナー校長、またケント・ブロックマンなどでお馴染みのハリー・シェアラーが担当。

こちらが、映画でのハリー・シェアラー

・子供たちをライブ会場に届けた後、駐車場でスナック菓子を貪り食いながらホーマーが歌う替え歌のオリジナルは、ハーブアルパートとティファナ・ブラスの1965年の大ヒット曲"Spanish Flea"。

Spanish Flea (Album Version)

Spanish Flea (Album Version)

・ちなみに、バートがイメージするロックスターとは、こんな感じ。

・小学生とはとても思えないリサのサックスと比べるまでもなく、バートのギターの腕は遅々と向上しません。もういらないとスクールバス運転手のオットーに手渡したところ、彼は送迎の職務を忘れてノリノリでテクを披露。

ここでタイムロスした分を取り戻すべく、小学校への道を暴走した結果、スクールバスは横転。幸い、子供たちに怪我は無かったものの、事故の責任者としての取り調べの経緯で、何と無免許であることが判明した彼は、当然ながらクビとなってしまいます。
・翌日からは、スキナー校長がスクールバスの運転手に就任。

・アパートからも追い出され、行き場を失ったオットーは、バートの手引きでシンプソンズ家に居候するコトとなります。

・しかし、早速ホーマーと衝突。またも家無しとなったのを機に、バス運転の職に復帰すべく、一念発起して免許試験所に向かったオットーの前に、思わぬ援軍が!?