シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン3、第20話「魅惑のカントリー歌手"Colonel Homer"」

シーズン3、第20話「魅惑のカントリー歌手」"Colonel Homer" March 26, 1992

場末の飲み屋で、ウエイトレスをしつつカントリーを弾き語りするローリーンに偶然出会ったホーマーは、彼女の才能に一目ぼれ。このまま埋もれさせておくわけにはいかないと、売り込みをかける。一方、若い女に入れ込みやがってと、お冠むりなマージだったが…
<以下、ネタバレになります>
・冒頭で一家がやってくるシネコンの名称は"Googolplex"。また、ローリンが初めて出演するTV番組が"Ya-Hoo!"。
GoogleYahoo! のパロディと思いきや、どちらも最初の放映時には発足前なので、もしかしたら共にこのエピソードが命名のヒントとなったのかもしれません。

バートとリサが観るのは、シンプソンズの世界では人気シリーズらしいB級ホラー"Space Mutants VI"。
ホーマーとマージは"The Stockholm Affair"なる映画を観るのですが、"Affair"の意味を情事や浮気と解釈した二人の思惑とは全く違う、ポリティカルスリラーでした。退屈したホーマーが、上映中にも関わらず何かで読んだネタバレをわめきたて、他の観客からブーイングを浴びるくだりは、同じくシーズン3の第12話「マージと結婚して」にて、『スター・ウォーズ帝国の逆襲』を観終わった彼が、次の回の入場を待っている行列の前でネタバレ発言をして、同様に不評を買うシーンを想起させられます。

・珍しくモーの店以外の酒場を訪れたホーマーは“いつもの”Duffビールを注文するものの、ウチにはコレしかないとバーテンに返され、代わりに出てくるのが"Fudd"なる銘柄のビール。

この店に辿り着く前にホーマーが通り過ぎる南部風の家のベランダに、バンジョー弾く少年がいますが、これはジョン・ブアマン監督の映画『脱出"DELIVERANCE"』に登場するキャラクターのパロディの様です。

脱出 [Blu-ray]

脱出 [Blu-ray]

なお予告編の前半などからは、楽しいアドベンチャー映画との印象を受けるこの作品ですが、途中からの予想の斜め上をゆく展開には、前述の"The Stockholm Affair"を観たホーマー同様に困惑させられてしまうかもしれません。
・このエピソードは、60年代から近年まで活動を続けているカントリーウェスタン歌手ロレッタ・リンの半生を描いた『歌え!ロレッタ愛のために"COAL MINER'S DAUGHTER"』をベースとしているそうです。

歌え!ロレッタ 愛のために [DVD]

歌え!ロレッタ 愛のために [DVD]

なお、ローリーンの声および歌を担当したビヴァリー・ダンジェロも、この映画に出演しています。

またエピソード内での彼女の歌声は、このサントラに収録されています。・サブタイトルは、エルヴィス・プレスリーのマネージャーとして知られるトマス・アンドリュー・パーカーの愛称「パーカー大佐"Colonel Parker"」のパロディ。ホーマーが本格的にローリーンを売り出し始める際のウェスタンルックのスーツにテンガロンハットの出で立ちは、パーカー大佐のトレードマークだったそれにちなんだもの。


・ホーマーの目論見通り、成功の階段を昇ってゆくローリーン。それと反比例して増していく、マージの不信。

そんな諍いを解決してくれる、ローリーンの新曲と彼女が歌詞にこめた思いがホロリとさせてくれます。
・なお、その後もシーズン4「モノレールの甘い罠"Marge vs. the Monorail"」などに登場するローリーンですが、このエピソードでの快進撃以降、残念ながら芸能活動は低迷を続けている様です。