シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン3、第4話「マフィアのバート"Bart the Murderer"」

シーズン3、第4話「マフィアのバート」"Bart the Murderer"」October 10, 1991

楽しみにしていたシリアルのおまけをホーマーに横取りされるは、ヘルパーに宿題を食いちぎられてしまうはと、朝からツイてないバート。そうこうする内にスクールバスに乗り遅れ、仕方なくなくスケボーで学校へ向かうも、一天にわかにかき曇り。何とか学校に辿り着いたはいいが、今度は親の許可書を忘れたせいで、楽しみにしていたチョコレート工場の社会見学にも行きそびれ、一人スキナーの手伝いをさせられるハメに。今日は厄日だよと帰路に着くが、再び複数の不運に襲われるバートの運命は……
<以下、ネタバレになります>
スプリングフィールドの裏社会を仕切るマフィアのたまり場である地下のバーに、スケボーごと転落したバート。たまたま競馬の勝ち馬を言い当て、また見よう見まねで作ったカクテルを気に入られた彼は、放課後にはココでボーイを務めることになります。地元ギャングの下働きの少年が、やがて一人前のアウトローとして成長してゆくという、前年に公開されたマーティン・スコセッシ監督の『グッドフェローズ"GOODFELLAS"』と類似した展開からパクリ疑惑もささやかれたそうですが、あくまでも偶然の一致との由です。


・競馬馬の名前は、何れも有名カトゥーンの主人公のキメ台詞をもじったもの。ホーマー役の大平透さんも演じられていた、原始家族フリントストーンのフレッドの"Yabba Dabba Doo"に、

バッグス・バニーの"Ain't I a Stinker?"などなど。

"Eat my shorts!(パンツでも被ってろ!)"と"Don't have a cow!(バカでねぇの!)"がバートのそれなのは、説明不要ですよね。
・マフィアのボス、ファット・トニーが初登場。

オリジナルボイスのジョー・マンテーニャは『ゴッドファーザーPART III"THE GODFATHER: PART III"』や『バグジー"BUGSY"』などでのマフィア・ギャング役でお馴染みの俳優。

ゴッドファーザー PARTIII <デジタル・リマスター版> [Blu-ray]

ゴッドファーザー PARTIII <デジタル・リマスター版> [Blu-ray]


バグジー [DVD]

バグジー [DVD]


・バートが働くシーンで流れるのは、60年代を中心に活動した女性コーラスグループ、シフォンズの『素敵なある日"One Fine Day"』。

・マフィアファミリーの一員として、裏社会にずぶずぶとのめりこんでゆくバート。ある日、いたずらのお仕置きで、スキナーに居残りをさせられた彼は、バーへの出勤が遅れてしまう。
その翌日、スキナーが謎の失踪。ファット・トニー一味の犯行と睨んだウィガム署長に一網打尽とされた彼らは、法廷で思いもかけない証言をし始め…

法廷に掲示されるファミリーの相関図は、ゴッドファーザーPART IIIからのパロディ。
・一件落着後、今回の経緯がドラマ化されるも、モデル料は一切支払われないと知ったホーマーは、ホントの悪党はアイツらだ!と激昂しますが、このドラマでバートを演じるという設定になっているニール・パトリック・ハリスは、

当時人気子役として、『天才少年ドギー・ハウザー"DOOGIE HOWSER, M.D."』の主演などで知られていました。

その後も個性派俳優として活躍を続けており、『スターシップ・トゥルーパーズ"STARSHIP TROOPERS"』や最近では『ゴーン・ガール"GONE GIRL"』でも重要な役を演じています。
スターシップ・トゥルーパーズ [Blu-ray]

スターシップ・トゥルーパーズ [Blu-ray]




昨年度アカデミー賞での総合司会も、記憶に新しいですね。