シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン2、第20話「シンプソン家の戦争:The War of the Simpsons」

シーズン2、第20話「シンプソン家の戦争:The War of the Simpsons」May 2, 1991

最近夫婦仲が険悪になってきたホーマー&マージ。
そんなとき、協会主催の夫婦関係修復セミナーにマージが参加を申し込み、ホーマーも嫌々ついていくことに。
一方、両親が留守の間、子供たちの面倒を見ることになったエイブじいちゃんは、案の定バートにいいように使われてしまい…。


<以下、ネタバレになります>


・本エピソードの原題・邦題ともに、1989年公開の映画ローズ家の戦争:The War of the Roses」のパロディ。
ちなみに、同作の製作には、シンプソンズの制作総指揮者の1人であるジェームズ・L・ブルックスが参加しており、さらに監督(と出演も)を務めたのは、ホーマーの兄・ハーブ役を担当した俳優のダニー・デヴィート

・めずらしくきれいになったシンプソン家のパーティ会場で流れるのは、トム・ジョーンズ「よくあることさ」
シーズン4の「マージの就職」には、本人がゲスト出演し、同曲を熱唱するシーンが放送されることになります。
・カクテルを手慣れた手つきで作っていくフランダースは、トム・クルーズ主演の映画「カクテル」のパロディ。

カクテル [DVD]

カクテル [DVD]

・ほかにパーティのシーンで使われる曲は、ダスティ・スプリングフィールド「恋の面影〜カジノ・ ロワイヤル」K.C.&ザ・サンシャイン・バンド「ザッツ・ザ・ウェイ」



・夫婦ケンカのときには定番らしい陽気な音楽は、メキシコの民謡「メキシカン・ハット・ダンス」
そして、そんな陽気な音楽の秘密を子供たちは知っている…!


ちなみに、浪速のモーツァルトのこの曲は、「メキシカン・ハット・ダンス」の一部を引用していたります。


・ホーマーの昨日の記憶は、ニューヨーク・タイムズで長年渡って著名人の風刺画を連載していた漫画家:アル・ハーシュフェルドが描いた、アルゴンキンの円卓1920年代に存在していたニューヨークの出版関係者の社交サークル)風刺画のパロディ。

・幼児時代にも、ベビーシッターに酷いトラウマを植え付けていたバート。
そんな回想シーンは、映画オーメンのパロディ。

オーメン [Blu-ray]

オーメン [Blu-ray]

・カウンセリングに来ているシンプソン家、フランダース家と、あともう1組の夫婦(ジョンとグロリア)は、ミュージカルで後に映画化もされたヴァージニア・ウルフなんかこわくないジョージ&マーサのパロディ。
ちなみに、シンプソンズの翻訳を担当されている徐賀世子さんは、2006年に上演されたシス・カンパニー版の舞台「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」の翻訳も務められており、その巧みなワードセンスが評価され、第14回湯浅芳子賞を受賞されています。

・葉巻を吸うバートは放送当時大ウケしたとのことです。…それにしても、アニメで、しかもプライムタイムで、このシーンを放送できたことにビックリ!

・息子同様漫画家であったマット・グレーニングの父ホーマー・グレーニングは、釣り番組の制作にかかわっていたこともあるんだとか。
ちなみに、ホーマーの日本語吹き替えを担当されている、大平透さんご自身の趣味も釣り(特にアユ釣り)であり、過去にテレビ大阪製作(関東ではテレビ東京で放送中)の釣り番組「THE フィッシング」でナレーターを務められていたこともあります。

・ホーマーが巨大なナマズ・シャーマン将軍と格闘する展開は、シンプソンズでもお馴染みすぎるヘミングウェイ老人と海のパロディ。

老人と海 (新潮文庫)

老人と海 (新潮文庫)

クイーン「伝説のチャンピオン」を熱唱するホーマー。


グッズ情報:本エピソードの釣り人スタイルのホーマーをモデルにしたブリキのおもちゃが発売されています。
以前、こちらのブログでもご紹介した、ゼンマイ仕掛けのホーマー人形のバージョン違いです!




<声の出演>

役名 お名前
ホーマー 大平透
マージ 一城みゆ希
バート 堀絢子
リサ 神代知衣
エイブ 滝口順平
ラブジョイ 目黒光祐
フランダース,釣り人 稲葉実
ヒバート 青森伸
バーニー,ジョン,スネーク 広瀬正志
ヘレン さとうあい
ミルハウス,初対面の男 飛田展男
オットー,妄想の男1 安西正弘
モード,ベビーシッター 紗ゆり
店主,妄想の男2 沢りつお



<日本語版スタッフ>

役職 お名前
翻訳 徐賀世子
アドバイザー 井上真紀
調整 栗林秀年
効果 関根正治
演出 春日一伸
プロデューサー Kristen Duncan,小川眞紀子
録音 Studio Saurus
編集 ムービーテレビジョン・スタジオ
制作 ムービーテレビジョン