シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン2、第12話「パパとママの恋物語"The Way We Was"」

シーズン2、第12話「パパとママの恋物語"The Way We Was"」January 31, 1991

シンプソン家の愛すべきテレビが故障!
大パニックに陥る子供たち(とホーマー)に、マージは自分たちの初恋物語を話し始める…。
舞台は1974年、高校時代のホーマー&マージはもちろん、現在のエピソードに繋がる小ネタが随所に散りばめられたエピソード!


<以下、ネタバレになります>


・本エピソードの原題「The Way We Was」およびストーリーの一部は、1973年公開の映画「追憶(The Way We Were)」のパロディ。

・シンプソン家が観ている番組は、アメリカの有名な映画評論家ジーン・シスケルロジャー・イーバートがコンビを組んで人気を得た、映画評論番組のパロディ。

・日本だと間違いなく木曜洋画劇場で放送されてた系の映画「マクべイン」!

・時代によってコロコロ髪型を変えるヒバート先生、このときはアフロヘア。

・ホーマーが歌うのは、スティーヴ・ミラー・バンドのヒットアルバム「ジョーカー」に収録されていた「サム・ピープル・コール・ミー・ザ・スペースカウボーイ」


・マージが教室に入ってくるシーンのほか、本エピソードで効果的に使用される音楽は、お馴染みカーペンターズ「クローズ・トゥ・ユー(遥かなる影)」


ちなみに同曲は、ザ・シンプソンズ MOVIE」でも使用されています。・「3時古い校舎の106」
・アーティ役を演じるのは俳優・コメディアンのジョン・ロヴィッツ。2つ前のエピソードで初登場したハーツ弁護士を演じていたフィル・ハートマンとは旧友でありました。
ちなみに、吹き替え版でホーマーの声を演じる大平さんと、アーティ役の塩屋翼さんは、アニメ「科学忍者隊ガッチャマン」で上司と部下役(南部博士とつばくろの甚平)として共演されています。

・ホーマーたちの討論のテーマは、オイルショックの影響からアメリカ政府が制限速度を55マイル(88km)に引き下げた政策について。
ちなみに、ホーマーが自分の部屋でそのテーマについて考えているシーンのMEは、アヴェレージ・ホワイト・バンド「ピック・アップ・ザ・ピーセズ」

・マージによる個人授業の休憩中に、二人がノリノリになって踊る際のBGMは、日本でもCM等で使用されてお馴染みのヴァン・マッコイ「ハッスル」


・ブービエ家、大集合!

・ホーマーが記念撮影する2人を見つめる、切ないシーンに使用されているのは、シカゴ「カラー・マイ・ワールド(ぼくらの世界はバラ色に)」


・バーニーが裸でダッシュしている際のBGMは、レイ・スティーブンスの「ザ・ストリーク


・吹き替え版のエンディングに注目!
WOWOW放送時にはダン・カステラネタの歌声の流用でありましたが、2000年にはこのシーズン2のDVDに収録するため、大平さんバージョンの「サム・ピープル・コール・ミー・ザ・スペースカウボーイ」が追加収録されたそうですよ。・アーティフィギュアも出てます!

弁論大会優勝トロフィー、プロムキングの王冠、そしてマージとの記念写真つき!

ミニフィギュアも!
・本エピソードと合わせて、シーズン13「恋敵は億万長者」、シーズン15「招かれざる珍客」を合わせてご覧になるとさらに楽しめるかも!?

<声の出演>

役名 お名前
ホーマー 大平透
マージ,セルマ 一城みゆ希
バート,エステル 堀絢子
リサ 神代知衣
エイブ 滝口順平
アーティ 塩屋翼
ヒバート,マクべイン 青森伸
バーニー,マージ父 広瀬正志
パティ,マージ母,顧問 鈴木れい子
校長,警部,美術教師 秋元羊介
教師,評論家,体育教師 沢りつお
マッキンタイル,運転手,評論家 稲葉実
キム 叶木翔子



<日本語版スタッフ>

役職 お名前
翻訳 徐賀世子
調整 栗林秀年
効果 関根正治
演出 春日一伸
プロデューサー Kristen Duncan,小川眞紀子
録音 Studio Saurus
編集 ミューテック・スタジオ
制作 ムービーテレビジョン