シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン2、第11話「残された時間:One Fish, Two Fish, Blowfish, Blue Fish」

シーズン2、第11話「残された時間:One Fish, Two Fish, Blowfish, Blue Fish」January 24, 1991

今夜のシンプソンズ家の夕食は、毎週恒例のミートローフディナー。食べるのが待ちきれないホーマーと対照的に、渋い顔のリサ(この時点では、まだ菜食主義者ではない)の提案で、その翌日スシ屋に外食に出かける彼ら。
慣れぬ生魚に、はじめはおっかなびっくりだったものの、たちまちスシの魅力に取りつかれるホーマーだったが…


<以下、ネタバレになります>


サブタイトルは、映画化された『グリンチ』や『キャットイン ザ ハット』などで知られるドクター・スースの絵本からの引用。

One Fish, Two Fish, Red Fish, Blue Fish (Dr. Seuss - Blue Back Book)

One Fish, Two Fish, Red Fish, Blue Fish (Dr. Seuss - Blue Back Book)

グリンチ

グリンチ

グリンチ [DVD]

グリンチ [DVD]

キャット イン ザ ハット (ビギナーブックスシリーズ)

キャット イン ザ ハット (ビギナーブックスシリーズ)

ハットしてキャット スペシャル・エディション [DVD]

ハットしてキャット スペシャル・エディション [DVD]

・死をテーマとしたこのエピソードが制作された背景には、放映日の前週から始まった第1次湾岸戦争の影響がある様です。
・原案・脚本を担当したNell Scovellは、シリーズ初の女性ライター。その後、『サブリナ』『名探偵モンク』などの脚本も手がけています。スプリングフィールドの日本人住民アキラが、スシ屋のウェイターとして初登場。オリジナルシリーズのスタートレックでのヒカル・スールー役などでお馴染みの、日系アメリカ人二世俳優のジョージ・タケイが、最初から声を担当。(吹き替え/伊藤栄次さん)


なお、このエピソードには他にも数人の日本人キャラクターが登場しますが、全て日系もしくは日本人に担当させているそうです。
・店内のカラオケでバートとリサが歌うのは、サウスパークのシェフ役でもお馴染みのアイザック・ヘイズが作曲・歌唱した、映画『黒いジャガー』の超イケてるテーマ曲の替え歌。

黒いジャガー [Blu-ray]

黒いジャガー [Blu-ray]

こちらは、サミュエル・L・ジャクソン主演によるリメイク版(テーマ曲は同じ)。
シャフト [DVD]

シャフト [DVD]

・店では唯一、河豚の調理師免許を取得しているらしい大将の代わりに、解説書を参考に恐る恐る調理する板前。しかし、こんな大雑把な本では…

その頃、大将は何とあのヒトと!(それが誰かは観てのお楽しみ)
・結局、河豚の毒にあたったホーマーは、余命24時間を告げられてしまいます。

残された時間を有意義に使おうとするものの、例によって思惑とおりにはいかず…
・“男と男の話”をしようと部屋に入ってきたホーマーを目にするないなや、また叱られるのだと思い込んで、膝の上に飛び乗り尻を丸出しにするバート。児童ポルノ規制云々にかまびすしい昨今では、少々キケンな絵柄ですね。

なお、このシーンでホーマーが伝授する“社会を生き抜くための三つの台詞”は、実際に役に立つこと請け合い。
・マージが用意した“最後の晩餐”の席に、ホーマーが息せき切って駆けつける一連の流れは、映画『卒業』クライマックスのパロディ。
卒業 [Blu-ray]

卒業 [Blu-ray]


・ベッドから抜け出し、まだカセットテープ式のウォークマンでホーマーが聞く朗読版聖書の朗読の主は、伝説的ラジオ・TVキャスターのラリー・キング本人。

・ホーマーとマージが生の喜びを分かち合うラストは、唐突でやや食い足りない感じですが、元の脚本では前日のバーンズやフランダースらとのやり取りを伏線とした、皮肉な展開となっていたそうです。


<声の出演>

役名 お名前
ホーマー 大平透
マージ 一城みゆ希
バート 堀絢子
リサ 神代知衣
エイブ 滝口順平
ヒバート 青森伸
バーンズ 北村弘一
スミサーズ 目黒光祐
モー 稲葉実
バーニー 広瀬正志
ウィガム 島香裕
アキラ 伊藤栄次
ウエイトレス 木藤聡子



<日本語版スタッフ>

役職 お名前
翻訳 徐賀世子
調整 栗林秀年
効果 関根正治
演出 春日一伸
プロデューサー Kristen Duncan,小川眞紀子
録音 Studio Saurus
編集 ミューテック・スタジオ
制作 ムービーテレビジョン