シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン13:第5話「幼きホーマー 心の傷:The Blunder Years」December 9, 2001

シーズン13:第5話「幼きホーマー 心の傷:A Hunka Hunka Burns in Love」December 9, 2001

キッチンタオルのマッチョなキャラクターに、マージは夢中。製造元にファンレターまで送りつける程の熱狂ぶりが面白くないホーマーは、バートらと組んで彼女をペテンにかけ、怒らせてしまう。そのお詫びに、一家で出かけたディナーショーの席上にて、催眠術師に少年時代に退行させられると、突如ショック状態となり叫びはじめるホーマー。どうやら、自身が封印していたトラウマの記憶が解放されてしまったらしい。何とか平静を取り戻した彼は、家族や友人たちの手も借り、問題の記憶の正体を探ろうとするのだが…

<以下ネタばれになります>
<黒板ギャグ>
「ボクはラリったチャーリー・ブラウンじゃありません」
"I am not Charlie Brown on acid."

・サブタイトルは、日本でも『素晴らしき日々』の放題で放映された、少年時代の想い出をノスタルジックに描いた人気TVシリース"The Wonder Years"のもじり。

・マージがハマるキャラクターの元ネタは、実在する"Brawny"という製品。

現行品のパッケージはキャラクターの絵柄が小さくなってしまっているので、こちらのちょっとキモいCMをご覧ください。

・対抗してホーマーがハマろうとするキャラクター付き食料品のうち、最後に出てくるのがポール・ニューマンが共同経営者を務めていた"Newman's Own"のドレッシング。

ニューマン本人による台詞は、撮影現場より電話越しに収録されたのだそうです。

・ディナーショーで、まるでスケルターの様だとバーンズが魔術師にからかわれますが、これはアニメ"MASTERS OF THE UNIVERSE"に登場する髑髏顔の悪役"Skeletor"のことです。

なお、このシリーズはドルフ・ラングレン主演で実写化され、国内でも「マスターズ/超空の覇者」の邦題で公開されました。

また、ここでバーンズとスミサーズは親子と勘違いされるのが、後々の伏線となっています。

・12才に退行させられたホーマーの脳裏に浮かぶ、線路の上を歩いてゆくハイキングの風景は、言うまでもなく「スタンド・バイ・ミー"Stand By Me"」のパロディ。

ここで美しいアカペラのコーラスを披露する、ホーマーとレニー&カール。
えっ、君たち幼なじみだったの?ってツッコミはさておき(以降、お馴染のメンバーが次々と登場するワケですし)、シーズン5「夢のカルテット"Homer's Barbershop Quartet"」で、その短くも華々しい活躍が描かれる"The Be Sharps"は生まれるべくして生まれたというコトが判ります。・いつまでも叫び続けるホーマーを正気に戻してくれたのが、"Yaqui Tea"。セットに山羊の頭の飾りが付いているので、山羊の乳のミルクティーかと思ったのですが、正しくはネイティヴのヤキ族のお茶らしいです。

・そう、あれだ!とホーマーが最初に思い出したのが、バートのスケボーでスプリングフィールド渓谷を飛び越えそこねて、ヒドイ目にあった記憶(シーズン2「命知らずのバート"Bart the Daredevil"」)。

それって、あなたが大人になってからの出来事なんですけど…

・モーの協力により、遂に明かされる真実。それは、例のハイキングの道中で、ホーマーが遭遇した、あるモノだった。
ここんとこも「スタンド・バイ・ミー」がベースとなっています。・記憶を頼りにたどり着いた先で、遂に“あるモノ”と再会するホーマー。某キャラの性的指向の原因まで示唆される、この先の驚愕の展開は伏せておきますね。


・なお、この後の第三者による回想は「スター・トレック2/カーンの逆襲"STAR TREK II: THE WRATH OF KHAN"」の有名なシーンのパロディとなっています。って、ややネタばれがすぎたかな?

スター・トレック2 カーンの逆襲 [DVD]

スター・トレック2 カーンの逆襲 [DVD]