シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン11、第21話「マージは見た! 恐怖の花嫁」"It's a Mad, Mad, Mad, Mad Marge"

第21話「マージは見た! 恐怖の花嫁"It's a Mad, Mad, Mad, Mad Marge"」May 14, 2000

スクールバス運転手のオットーは、ウッドストックで出会ったガールフレンドのベッキーにプロポーズ。バートの勝手な提案により、ふたりの結婚式がシンプソンズ家の庭で執り行われることとなる。
式の前夜、唯一の不安をもらすベッキーを笑い飛ばすマージだったが、その不安は的中し…。
<以下、ネタバレになります>
<名セリフ>
「誰にでも失敗はあるわよ!」(マージ)
※オリジナルは"Well, nobody's perfect!"。ジャック・レモントニー・カーティスマリリン・モンローが共演したビリー・ワイルダー監督作品「お熱いのがお好き」ラストのオチとなる台詞からの引用。
元の映画の字幕や吹替えでは、「完璧な人間はいない」みたいに直訳されている場合が多いのですが、ニュアンス的にはこちらが正解と言えるかもしれません。

<今週のポイント>
・オリジナルサブタイトルは、映画おかしなおかしなおかしな世界"IT'S A MAD MAD MAD MAD WORLD"」のもじり。

この作品は、シーズン5「怪盗サム・ニール"Homer the Vigilante"」にて、内容もパロディにされています。ほら、見覚えがあるでしょ、このシーン?

行き場を失い、しばらくの間シンプソンズ家に居候することにしたベッキー。若くキレイなだけではなく、気立てが良く料理も上手な彼女にホーマーはゾッコン。さらに、子供たちもなつく姿を目にして、やがてマージの心の中にジェラシーの炎が…。

ベッキーを演じたのは、女優のパーカー・ポージー

最近ではゾーイ・カサヴェテスの初長編監督作品「ブロークン・イングリッシュ"BROKEN ENGLISH"」での演技が INDEPENDENT SPIRIT AWARDS の主演女優賞にもノミネートされた。

ブロークン・イングリッシュ [DVD]

ブロークン・イングリッシュ [DVD]

・地理の授業を廃止して、新たに小学校で開始されたビデオ製作プログラム。はっきり言ってムダだと思う。

・結婚式の飾りなどは、シーズン9「アープーの結婚式"The Two Mrs. Nahasapeemapetilons"」で使ったものを流用。って、片付け物が出来ないにも程がある!

てか、スタンピーまでいるのかよ!?

ザ・シンプソンズ シーズン9 DVDコレクターズBOX

ザ・シンプソンズ シーズン9 DVDコレクターズBOX

・いかにもオットーらしい、式への招待状。

・オットーの両親が初登場。さらに、ホーマー・ボンド氏の秘密兵器にもご注目を!

・疑心暗鬼に囚われ相談に訪れたマージを励ますどころか、嬉々として火に油を注ぐパティとセルマがたとえにあげるのが、映画「ゆりかごを揺らす手"THE HAND THAT ROCKS THE CRADLE"」

ゆりかごを揺らす手 [DVD]

ゆりかごを揺らす手 [DVD]

・全てのフレーバーを2つずつに、64種のソースをはじめとする、ありとあらゆるトッピングをあしらった、超特盛サンデー"The ARK"。

これがテーブルに運ばれた直後、決定的な事件がおきてしまう。

・「まだ赤ちゃんなのに、何度聴聞会に出るのかしら」とマギーを気遣うリサ。

バートとリサにも同じことが言えるのだが、もはや慣れっこになってしまっている模様。

ブラスバンドに紛れ込み、まんまと追っ手をまいたつもりのマージだったが…。

・さっそく、クラスティの番組のネタにされるマージ。

さすがコレは、ちょっとヒドイ!

・誤解も解け、いちおうハッピーエンドで幕は閉じられますが、手放しの予定調和に終わらぬ辺りがシンプソンス流。もっとも、ホーマーの言い訳はいつも通りですけどね。