シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

第2回シンプソンズファン感謝祭レポート(1回目)

【きっかけ】
2010年5月30日(日)、2年間の歳月を経て「第2回シンプソンズファン感謝祭」が開催されました。
もともと、この日はDVD-BOXシーズン12の発売を記念してファンだけでファン交流会を開催するつもりで会議室を1室だけ予約していました。しかし、ホーマー役声優:大平透さんの手元に、小学生の男の子からの1通の手紙が届いてからファン感謝祭の話が始まりました。


<綱広くんからの手紙>

『はじめまして、○○綱広 です。ボクは小さい頃から、シンプソンズを見てました。ボクは11才です。
毎回、ホーマーの予そく不可能な動きが好きです。
でも、スカパーだから、字まくだから見るのが大変です。
ぼくはおじさんの声ホーマーが大好きです。
家のみんながシンプソンズが大好きです。
だから日本語をふっかつしてください。


鉛筆で一生懸命書いた手書きの手紙から綱広くんのシンプソンズ日本語吹替え版が見たい!」という強い気持ちがヒシヒシと伝わってきました。
大平さんは何とかしてあげたいけれど、声優という立場では出演オファーを受けてホーマーを演じること以外にしてあげられることがありません。
テレビシリーズのシンプソンズ日本語吹替え版が最後に収録されたシーズン14から4年近くが経ちます。その間、ザ・シンプソンズMOVIE(劇場版)がありましたが、大平さんや他の役者さん達はシンプソンズのシーズン15の日本語吹替えの収録をずっと心待ちにしていました。しかし、演じたい気持ちがあってもシンプソンズの制作会社であるFOXが日本語吹替えを制作しようとしなければ声優である大平さん達は出演オファーが来るのを待つしかないのです・・・・。


大平さんから連絡を頂いてこの事を知った私達シンプソンズファンクラブは、予定していたファン交流会に綱広くんを招待してあげることを大平さんにお知らせしたところ、大平さんも綱広くんの熱い気持ちに気持ちで応えたいとファン交流会に遊びに来てくださるとの連絡を頂きました。


綱広くんにファン交流会への招待状を送って大平さんが遊びに来ることをお知らせしたところ、綱広くんからファンクラブへの返事の手紙にはスカパーやFOXだけでなくマット・グレーニングにも日本語吹替えのリクエスト手紙を送ったと書いてありました!

子供の本気侮りがたし!
2年前の劇場版の声優変更問題の時、シンプソンズファンは今よりたくさんいました。しかし、DVDシーズン11の発売延期、字幕版だけのシーズン15放送、FOXチャンネルからFOX MOVIESへの引越し(ケーブル視聴者は視聴不可能)などシンプソンズを見る機会が減ってファンは確実に減っていました。私達ファンクラブもファン交流会などで日本語吹替え再開リクエストをし続けていましたが、参加者の減少などでファンの減少を肌身に感じていました。
「日本語吹替え再開はもうダメかもしれない」時にはそう思うこともありました。
しかし、綱広くんの手紙から伝わる『本気』『熱気』が私達にもう一度『やる気』『元気』を与えてくれました。


小学生の綱広くんの本気大人が本気で応えるために、
『第2回シンプソンズファン感謝祭』の開催を決定し、準備が始まりました。
<次号【ファン感謝祭まで1ヶ月?!】へつづく>