シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン11、第13話「ダメ馬ダンカン改造計画:Saddlesore Galactica」

シーズン11、第13話「ダメ馬ダンカン改造計画:Saddlesore Galactica」February 6, 2000

リサたちが参加するバンド大会を見るため、州のお祭りにやってきたシンプソン一家。その会場内で馬のダンカンをプールへダイビングさせるショーが行われており、警察に動物虐待の疑いをかけられた飼い主が逃亡。ダンカンを不憫に思ったバートは、自分たちで飼うことを決める。彼とホーマーはダンカンが俊足であることに目を付け、競走馬としてデビューさせることに。しかし、実際競争となると他に圧倒されて実力を発揮できないダンカン。そこで2人が、彼を最凶の競走馬"フューリアスD"に改造した途端、レースで好成績を収めるようになる。だが、それをよく思わない人たちがいたからさぁ大変!!


<以下、ネタバレになります>


<名セリフ>
・「アル・ゴアじゃイヤです〜」(リサ)
「妖怪どもはパパに任せろ!」(ホーマー)


文字数に縛られない上、独自の表現に変更できる吹き替えだからこそできるセリフ!!
(吹き替え)「いやなことがあったら自分の思い通りになるまで文句を言い続ける!」クリントン)→「それ、モラルに欠けてません?」(マージ)→「いやー、私モラルまるでないから」クリントン
(字幕版)「欲しいものがあったら文句を言ってでも手に入れろ!」クリントン)→ 「危ない教訓ね」(マージ)→「危ない大統領だからね」クリントン


<今週のポイント>
・本エピソードの原題「Saddlesore Galactica」は、「Battlestar Galactica(宇宙空母ギャラクティカ)」のパロディ。



・ダンカンの声を担当するのは(日本語版でもそのまま使用されている)、アメリカで「くまのプーさん」のプーさんやティガーの声を担当している、声優ジム・カミングス
くまのプーさん 完全保存版 2 ピグレット・ムービー [DVD]

くまのプーさん 完全保存版 2 ピグレット・ムービー [DVD]

ちなみに、日本で「くまのプーさん」のナレーターを担当されているのは、スキナー校長役の青森伸さん。また、「ザ・シンプソンズ MOVIE」には、バーンズ役として2代目ピグレットを担当されている小形満さんが、シュワルツェネガー大統領役としてティガー役の玄田哲章さんがそれぞれご出演されています。

・ホーマーの凄まじすぎるイチャモン!


・パイプ掃除虫



・レニーはスプリングフィールド1目の怪我が多い!?…ゴム、スプリング、魚の内臓などなど



・バックマン・ターナー・オーバードライブがゲスト出演

THE BEST 1200 70’s

THE BEST 1200 70’s



・ブックガイ「あんたたち昔馬飼ったことあるでしょ。旦那 クイック・E・マートでバイトして大変だったじゃん!」シーズン3「愛の仔馬物語」


リンダ・カーターとジョージ・フォアマンお墨付きの消火器リンダ・カーターシンプソンズでも話題に出てくることもある「ワンダーウーマン」のワンダーウーマン役を演じた女優。ジョージ・フォアマンアメリカのボクサーで、74年にモハメド・アリと対戦したことでも有名。

Wonder Woman: Complete Series Collection [DVD] [Import]

Wonder Woman: Complete Series Collection [DVD] [Import]



・バートのクラスティのパジャマ姿はQEEでフィギュア化されています!

お求めは「アメリカントイショップJB」さんでどうぞ!!


・マージ「たとえばキルトとか」シーズン2「迷犬S・リトルヘルパー」


・ダンカンの新たな名フューリアルDは、ロックバンド・テネイシャスDのパロディ。

・リサ「またギャンブル中毒にならないでよ、ママ」シーズン5「マージ プッツン物語」


・ブックガイのTシャツには「WORST EPISODE EVER(今まで最悪のエピソード)」の文字が。

以前からクリエーターがDVDのコメンタリーで語っている、エピソードへイチャモンをつけてくるファンたちへの風刺かと思われます。



じつは、この「WORST EPISODE EVER(今まで最悪のエピソード)」はシーズン12:第11話「バートのラクチン繁盛記:Worst Episode Ever:February 4, 2001」になって再登場します。


・以前、WOWOWのシンプソンズ公式サイトで「吹き替え版制作スタッフの自信作」という形で紹介されていたジョッキーたちのミュージカルシーン!本当に素晴らしい出来です!!
ジョッキーたちのデザインはJ.R.Rトールキンの作品に登場、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでもお馴染のホビットのパロディであり、彼らが歌うシーンは「白雪姫」の七人の小人や、「夢のチョコレート工場」「チャーリーとチョコレート工場ウンパルンパのパロディ。ジョッキーたちの暮らす国の様子は、同じく「夢の…」のパロディでもあり、屋根の上のバイオリン弾きの主人公テビエが見る夢のシーンのパロディでもあるのだとか。
文庫 新版 指輪物語 全9巻セット

文庫 新版 指輪物語 全9巻セット

夢のチョコレート工場 [DVD]

夢のチョコレート工場 [DVD]

チャーリーとチョコレート工場 [DVD]

チャーリーとチョコレート工場 [DVD]



・意外すぎるオチ!!