シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン11、第8話「オヤジ暴走族ヘルズサタンズ参上:Take My Wife, Sleaze」

シーズン11、第8話「オヤジ暴走族ヘルズサタンズ参上:Take My Wife, Sleaze」November 28, 1999

ひょんなことからハーレーを手に入れたホーマー。バートの教えでバイクの乗り方をマスターした彼は、仲間たちといっしょにオヤジ暴走族・ヘルズサタンズを作り、スプリングフィールドで活動を始める。そんなとき、ベーカーズフィールドに存在する同じチーム名の暴走族が名前のことでイチャモンをつけるため、シンプソン家を乗っ取ってしまう!ついにはマージまでもが連れ去られてしまい、激怒したホーマーは愛するマージを連れ戻すために立ち上がる!果たして彼は無事マージを救うことができるのか!?


<以下ネタバレになります>



<名セリフ>
「警察の合言葉は…ミシガンに任せようだ」(ウィガム署長)

<今週のポイント>
原題「Take My Wife, Sleaze」:コメディアンのヘニー・ヤングマンのジョークで、多くの恐妻家の夫が引用し続けるという「どうぞうちのカミさんを持ってって!:Take my wife, please」のパロディ。


バートの反省文:今回は「I can't see dead people(僕には死んだ人は見えません)」映画「シックス・センスのパロディ。まぁ見えないことにこしたことはないですね!

シックス・センス [DVD]

シックス・センス [DVD]



「TVとコカコーラと司会のディック・クラーク」:50年代に伝説を生みだした3つ。コカコーラは清涼飲料の意味のほかに、10代のたまり場の意味もあるそう。そして、ディック・クラークはTVホストとして人気なったタレント。80歳となった現在もまだまだ現役、活躍中!!ホーマー役:大平透さんと同じですね!


ウルフマン・ジャック:グルーサーズ・カフェの店主として登場する彼ですが、こちらの名前は60年代〜70年代にかけて一世を風靡したラジオDJロバート・ウエストンスミスの芸名のパロディ。


カタブツ(SQUARES)orイケてるヤツ(COOL CATS)



「わんぱくデニス」:お店に来ていたジェイ・ノースは、1959年〜1963年に放映されたTVシリーズに主演。イタズラで周囲に迷惑をかけまくる少年・デニスは、元祖バート!?

わんぱくデニス

わんぱくデニス



「理由なき反抗」:1955年公開。ジェームズ・ディーン主演の有名すぎる作品。ちなみに、シーズン8「初恋の人はイジメッ子」はエピソード全体がこちらの作品のパロディとなっています。
理由なき反抗 特別版 [DVD]

理由なき反抗 特別版 [DVD]



「ヘルズサタンズ」アメリカに実在する暴走族・ヘルズエンジェルズのパロディ。


「ホウキを持ってる!」アメリカの有名な絵画であるアメリカン・ゴシック」(グラント・ウッド作)のパロディ。シンプソンズだけでなく、向こうでは多くのTVや映画でパロディされています。本家はホウキではなく農作業用フォークを持っています。



NRBQ:本編ではシンプソンズ化されて、エンディングでは実写映像として登場したロックバンド。ちなみに彼らは、シーズン10〜12で劇中へ曲を提供。今回もバイク練習のシーンの「Mayonnaise and Marmalade」と、シンプソン家が乗っ取られたシーンの「Me And The Boys」を提供しています。

Transmissions

Transmissions



バイクに乗ったラストシーン:こんな感じのシーン、どこかで観たことありますよね!バイクに…ホーマーとマージで…