シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン11、第6話「親子の絆にストライク!:Hello Gutter, Hello Fadder」

シーズン11、第6話「親子の絆にストライク!:Hello Gutter, Hello Fadder」November 14, 1999

<あらすじ>
仕事の憂さ晴らしのため、マギーとの時間を放り出してボウリングにやって来たホーマー。そんな彼が、見事パーフェクトの300点を記録し、一躍スプリングフィールドのヒーローに。学校の講師、TV出演にと大活躍!…しかし、あっという間に栄光は忘れ去られ、ひどく落ち込んだホーマーはほかに自分が夢中になれることを探す。そしてついに見つけた、最高に夢中になれるコト、それはマギーを思いっきり可愛がることだった…。


<以下ネタバレになります>


<名セリフ>
マージ「なんでレニーが!なんでレニーが!」
バート&リサ「なんでレニーおじさんが!」


<今週のポイント>
・本エピソードの原題「Hello Gutter, Hello Fadder」は、アラン・シャーマンが放った大ヒット曲「Hello Muddah, Hello Fadduh」のパロディ。


・ホーマー、寝すぎ!…ちなみに、こちらのシーンは、映画「コヤニスカッツィ/平衡を失った世界"Koyaanisqatsi: Life out of Balance"」のパロディ。



・遅刻の時の対処法



・マージとレニーの怪しいカンケイ



・クラスティブランドの「Chew Gooガム」は、一時期アメリカで原料にクモの卵が使われているのではないか、という噂も流れたことがある「Bubble Yumガム」のパロディ。



・お馴染み!ホーマーのやることリスト



・ホーマー、人生のパートナーはもちろん…!?


・ホーマーが通りを歩きながら歌う曲は、後に地獄の黙示録でも使用された、ドアーズ「ジ・エンド"The End"」。


・地底で暮らすのは、原作は小説で映画化もされたタイム・マシン 80万年後の世界へ"The Time Machine"」のモーロック(地底人)に、「チャド"C.H.U.D."」のミュータント、そして「The Mole People(日本未公開)」のパロディ・モグラ男風のモグラ族!


・ホーマーテレビマンは、シンプソンズでも度々ネタにされる幼児向け番組テレタビーズ"ティンキーウィンキー"のパロディ。ちなみに、本家ティンキーウィンキーの吹き替えを担当されているのは、大平透さんと1文字違いの大川透さん



・マギーの目から見たホーマーは、映画「大アマゾンの半魚人"Creature from the Black Lagoon"」に登場する半魚人のパロディ。



・マギーがホーマーを助けるシーンのBGMは、TVドラマ「世紀の海戦"Victory at Sea"」のもの。


<感想>
不器用ながらも必死にマギーを可愛がる、ホーマー。いいですね!
シーズン5「バートは大スター!!」、シーズン6「マギーの写真」、シーズン7「ホーマーのボーリングチーム」なんかを合わせてご覧になると、ますます楽しめるかもしれません!