シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン16、第16話「幻の屋根職:Don't Fear the Roofer」

シーズン16、第16話「幻の屋根職人:Don't Fear the Roofer」May 1, 2005

スプリングフィールドを集中豪雨が襲い、寝室の天井に雨漏れが発生。以前から頼んでいたにも関らず、屋根の修理を放置していたのをマージになじられたホーマー。例によってモーの店へと逃亡するも、長年の飲み友達らにも受け入れてもらえず、見知らぬバーにてひとりで気を紛らせなけらばならぬハメに。しかし、そこで偶然知り合ったレイと意気投合。彼が屋根職人と聞き、渡りに船と雨漏りの修理を頼むホーマーだったが…
【注目ポイント】
・レイ役のレイ・ロマノは、サタデーナイトライブの元レギュラーでもあるコメディアン。最近では、「アイス・エイジ"ICE AGE"」シリーズのマンモスを演じている。

・ホーマーとレイとが出会うバーは、タンクトップにホットパンツがユニフォームのウェイトレスによるサービスが人気のチェーン店"Hooters"風。

・本エピソードは、ノーベル賞を受賞した天才数学者ジョン・ナッシュの半生を描いた、映画「ビューティフル・マインド:A Beautiful Mind」がベースとなっている。
ビューティフル・マインド [DVD]

ビューティフル・マインド [DVD]

なお、リサの指摘によると、レイのフルネームRay Maginiは"imaginary"のアナグラム。さらに、ホーマーのレイとの関係が少々ゲイっぽいのは、映画では描かれなかった史実上のジョン・ナッシュの性癖の暗喩なのかもしれない。
スティーヴン・ホーキング博士は、シーズン10「夢のお下劣ユートピア!?:They Saved Lisa's Brain"」以来、2度目のゲスト出演。

・精神病院に担ぎ込まれたホーマーが電気ショック治療を受ける描写は、シーズン1「ホーマーの大決心:There's No Disgrace Like Home」で、一家が揃って受けた同様の治療を想起させる。

このシーンは映画「ダイ・ハード:DIE HARD 2」の機内放送シーンでも登場し、日本ではこのシーンで初めてシンプソンズを見たという人も多いそうです。本格ミステリ風に、関係者が揃って謎が明かされるシーンで、名探偵役のホーキング博士が語る、無理あり過ぎの真実!
・原題は、ブルーオイスターカルトの"Don't Fear The Reaper"のパロディ。

この曲は、シーズン13「切れない親子の絆:The Parent Rap」のエンディングにも使われています。