シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

シーズン16、第10話「パティのカミングアウト:There's Something About Marrying」

シーズン16、第10話「パティのカミングアウト:There's Something About Marrying」February 20, 2005

バートとミルハウスのイジメに激怒して街を去った旅行者の正体は、全米の街を自分の足で旅して紹介するトラベルレポーターだった。彼は自分のTVショーで、スプリングフィールドに最低最悪の評価を与え、そのせいで観光客の足がぱったり途絶えるハメに。起死回生の一手として、リサが提案した斬新な方策とは…?
【名セリフ】
共に、ニュースショーのゲストに招かれたラブジョイ牧師にむかって
ホーマー「お前と聖書を夫婦として認める。お前が妻だ!」
【注目ポイント】
・原題は、キャメロン・ディアス主演の映画"There's Something About Mary(邦題:メリーに首ったけ)"のタイトルをもじったもの

・冒頭で、バートとミルハウスが仕掛けたイタズラの仕掛けをクリアしたバーニーが走り去るシーンは、ルーニー・テューンズのキャラクターであるロード・ランナーのパロディ

・お話の発端となる旅行者の設定は、実在のTV司会者であるHuell Howserを元としている(声は本人ではない)
・少女時代のパティが自室に貼るピンナップは、往年のSitcom"Beverly Hillbillies(邦題:じゃじゃ馬億万長者)"の登場人物(*)

シンプソンズで例えるとフランダースに相当するキャラクター。番組オープニングの最後の方で、赤いオープンカーを運転している女性です
・鏡に映る自分を眺めながらホーマーが浸る、不気味きわまりない妄想
・マージがパティの“お相手”の秘密を見破る、意外なきっかけとは?

・同姓婚という、何かと物議をかもしている問題に真っ向から切り込んだ、このエピソードの初放映時には、賛成・反対の両方の立場から賞賛と共に苦情の声が上げられ、議論を呼んだ。

また、TV-14(14歳以下の視聴時には保護者の同席が望ましい)に指定された、今のところシリーズ中唯一のエピソードである