シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

【開演!ファン感謝祭!】

 ファンがひしめき合う「なかのZEROホール」場内アナウンスが流れ、照明が暗くなる。
真っ暗なホール、静まり返る観客席・・・するとどこかで聞いたあのメロディーが!?
そうだ、あの音楽だ!クラスティーTVショーのテーマソングが流れてきたのだ!!



「ヘイ!ヘーイ!!クラスティーだよー!!今日はようこそー!!」
 会場中にクラスティー島田敏さん)の第一声が響き渡る!ファン感謝祭の幕が上がったのだ!!
会場には割れんばかりの拍手が鳴り響く!!!
「じつは、スプリングフィールドからこの会場に続々と仲間が向かっているんだ!そうそう、留守番電話にメッセージが入っているからちょっと聞いてくれい!!」
闇の中に留守番電話の発信音が響く、
「ピー」

「こちらウィガム!警備中の全警察官に告ぐ!会場で携帯電話を鳴らした奴は射殺してもかまわない!!今、携帯を覗き込んだ奴は全員逮捕だ!!」
拍手と大爆笑が沸き起こる!!

「ピー」

フランダース家の長男ロッドです!うわぁ〜初めての日本だぁ〜見た事がない神様の家がいっぱい!教会は少ないけどいいところだよね?トッド?」

「うん!弟のドットです!日本の神様にもご挨拶できるんだ〜うれしいな〜」
「(ロッド&トッド)イェ〜イ!!」

「ピー」

「こちらルー(警察官)、署長にミスドのドーナツとCCレモンを買ってくるように言われています、少し遅れます、たまには自分で動けばいいのに・・・」

「ピー」

「ぼくイッチー!いま、スクラッチーを追いかけているところだよ!オノが上手い具合に命中したらスクラッチーを持って会場にいくからね〜!」

「ピー」

「あ〜俺、ネルソン! すまないな〜 エイッ! 今、ミルハウスをぶん殴っているところ!もうすぐで行けると思うからチョット待っててよ、ハーハァー!!」

「ピー」

「スミサーズです。社長、お出かけのお時間です。トイレでもお風呂でもご一緒させて頂きます。ウフフ・・・」

「ピー」

「(ラブジョイ牧師の妻)ヘレンです。教会で皆さんに献金していただいたお金のすべてを動物愛護団体に寄付してくるのでちょっと遅れます。」

「ピー」

「マージの姉のセルマだよ!! パティー?! マージたち遅いわね〜。それにしてもあの子、なんであんなデブ親父と結婚しちゃったんだろうね?いまからでも別の男を探せばいいのに!」

「ホント!セルマの言うとおりよ!!よりによって、なんであんなブ・タ・オ・ト・コと!?」

「ピー」

「レニーだよ〜ん!やっと原発の修理が終わった。あれ?缶入りTシャツだ?中から針金が!!あ〜目が〜目が〜!!」


次から次へと留守電メッセージが再生されるたびに、会場は大爆笑と拍手の嵐である!!
なんと、この留守電メッセージ!ステージのソデで声優さんが『生』で演じていらっしゃるのだ!!ステージのソデで声優さんが入れ替わり立ち代り次々に「声の演技」を披露していく!!この時、そのシーンを横で見ていたボランティアスタッフは「シンプソンズのアフレコシーンに立ち合えた!!」と興奮で身体が震えたそうです!客席からチラッと見えてた方はラッキーです!見たかったー!
そして、ホーマーたちは?