シンプソンズ・ファンクラブ・ブログ

「ザ・シンプソンズ」を日本で広め、ファンのつながりを作るためにグッズを買えるお店の紹介やエピソードガイド、吹替キャストのみなさんとのイベントレポート等々を掲載しています。

【バートのジャンケン大会】

 キャラクタークイズが終了して、いよいよ、バート役の堀絢子さんの出番です!!
大きな拍手の中、堀さんが軽快に走ってステージに登場!!



 これから堀さんとファンの間で大ジャンケン大会が行われるのだ!!
しかも!賞品には、アメリカントイショップJBさんがアメリカから直輸入して頂いた珍しいシンプソンズのステッカーがプレゼントされるのである!!



 通常のジャンケン大会ならば勝ち残った人が景品をもらえるはずなのだが、そこは、シンプソンズの世界!普通のまんまじゃツマラナイ、逆パターンで行くのである!
バート(堀さん)を相手にジャンケンして、それに「負けた人」が勝ち残っていく方法になった!!さらに、ひとひねり!


バート(堀さん)が何を出すか宣言!ところが、そこはバート!宣言どおりに正直に「手」を出すとは限らない!!信じるか、信じないかは参加しているファン次第!!
どこまでバートのイタズラを見抜けるかが勝負の鍵になってくるのである!!

(↑もう嘘はつかないから俺を信じて!)


題して、


『負け続けてゲットだドォッ!』


まずは、練習が行われる。


バート(堀さん)が「パー」を宣言する。島田さんの掛け声でジャンケン大会がスタートする!


島田さん
「最初はグー、ジャンケンポン!!」





バート(堀さん)が出した手は「チョキ」!最初っからイタズラを仕掛けてきたのだ!!


島田さん
「バート(堀さん)の手は「チョキ」、つまり、負けた「パー」の人が生き残りです!おめでとうござます!勝った「グー」の人は残念でした!」

このように、ジャンケンを行っていき最後まで「負け残った人」が賞品をもらえるのだ


島田さん
「では本番に参りましょう!バート、出すものはなんですか?」


バート(堀さん)
「チョキ!」


島田さん
「もう一度?」


バート(堀さん)
「チョキ!!」


小柄な堀さんが元気一杯なバートの声で「チョキ!!」というのが実に愛らしい!


島田さん
「負け続けてゲットだドォッ! 最初はグー、ジャンケンポン!!」


バート(堀さん)の手は「パー」だ!つまり、「グー」の負け残り!


島田さん
「グーの方、おめでとうございます!ここから負け続けて下さい(笑)」


島田さん
「それでは第2回戦!負けた方はご参加ください!バート、つぎ、なに出しますか?」


バート(堀さん)
「グー!」


島田さんが黙ってもう一回マイクを差し出す・・・


バート(堀さん)
「グー!!!」


会場が幸せな笑いで満たされる!


マイクを使っているとはいえ、堀さんはとても小柄で、あの小さな身体からアレだけ元気で大きな声が出ると言うのは「さすが」の一言である。堀さんと言えば、バートの他にも忍者ハットリクンや(新)おばけのQ太郎など、元気一杯の男の子の声のエキスパートである。
先ほどのキャラクタークイズでもそうだったが、シンプソンズ声優さんが目の前でキャラクターを演じる姿を見る事が出来、ファン感謝祭に参加したファンは本当に幸せである。ファン感謝祭の以後シンプソンズを見ると、楽しみだけでなく一生懸命に声を演じてくれた声優さんへの感謝の気持ちが湧くようになり、シンプソンズに対する親近感がいっそう強くなったのは私だけではないのではないだろうか?


島田さん
「それでは第2回戦!負け続けてゲットだドォッ! 最初はグー、ジャンケンポン!!」


バート(堀さん)の手は「チョキ」だ!


島田さん
「パーの方、おめでとうございます!勝ったグーの方、残念で〜す!」



負け続けている人はだいぶ減ってきた、続いて第3回戦。


島田さん
「つぎ、なに出しますか?」


バート(堀さん)
「グー!」


島田さん(声が急にクラスティーに変わる!!)
「へッへッへッへ〜なに、だしますか〜?」


バート(堀さん)
「グー!!」


一生懸命に大きな声で叫ぶバート(堀さん)が実にカワイイ


島田さん(ニヤニヤしながら、ちょっとしつこく)
「なに、だしますか〜?」


バート(堀さん)
「グーだって!!!!!」

(島田さんの表情に注目!)


会場中、大爆笑!!本当にあんなに小柄な身体でよく、あれだけ元気で大きな声がでるものだ!!すごい!!


島田さん
「負け続けてゲットだドォッ! 最初はグー、ジャンケンポン!!」


バート(堀さん)の手は「グー」だ!


見事!負け残った人たち!!
素晴らしい幸運?賞品のステッカーが配られる。


バート(堀さん)&クラスティー(島田さん)
「いらっしゃい!いらっしゃい!!」(八百屋さんのように)


このジャンケン、実は、「負けた人」はいつもかわいそうだという想いから、逆に、「負けてもいいことがある」という気持ちで「負けるが勝ちよ」のアイデアになったそうである。世知辛い世の中で、ユーモアと優しさで、なんとも心が潤うエピソードである。


ジャンケン大会の途中、次のイベントの小道具に気づいた一城さんと堀さん。
気づいた小道具はCCレモンのペール缶」だった!!思わず一城さんがマージの声で叫ぶ!!



一城さん
 「CC レモン!!」


生音声での「CC レモン」のCMに客席は大きな拍手!!なつかしい!!


ちなみに「CC レモン」とは言わずと知れたサントリーの清涼飲料水!
テレビCMは2000年〜2002年の2年間、地上波で放送され、なんと、テレビCMのためにオリジナルショートエピソードがオリジナル声優吹替え版で5話作られたのだ!



「CC レモン」のCMがきっかけでシンプソンズのファンになった人は、全国のファン全体の40%以上なのだ!!さすが、地上波のCM効果は大きい!!
(「考える会」調べ:http://d.hatena.ne.jp/SERIZO/20071214/p5


また、CCレモンのシンプソンズキャラクターグッズは、とてもたくさんあり。確認されているだけでも「イス(1〜3人のタイプ)」「シール」「マグネット」「ストラップ」「コースター」「ボトルクーラー」「ランチボックス」などがある。(美術ギャラリーに一部展示していた)


一城さん
「また(CCレモンのCMを)やりたいですね〜」


と感慨深く呟く、ステージの上の大平さん、堀さん、神代さんも一同にうなずく。私たちも見たい!!


堀さん(バートの声で!!
「またやりたいね〜!!」


一城さん(今度はマージの声で!)
「うん、また、やりたいね〜バ〜ト?」



目の前で展開されるCCレモンの生CM!!!サントリーさん!このブログを見ていたら是非、CMキャラクターにシンプソンズの復帰検討をお願い致します!!全キャラクターのボトルキャップなんかを作ってくれたらシンプソンズファン全員でCCレモンを大人買いします!!

(写真のバーニーのボトルキャップはファンが自作しました)

【大抽選会】

 大盛況と共に大ジャンケン大会が終了する。ここまで、既にプレゼント尽くしなのに、まだ大物が控えているのでした・・・・


一城さん 
「ここでビッグプレゼントがあります!!
それは、なんとですね!20世紀FOXホームエンターテイメントさんからご提供をいただきました、テレビシリーズの『シンプソンズの台本』!!!!
これより、その抽選会を行います!!!!!」



『おおぉ〜〜〜〜〜!!!!』、500人のファンが一斉に大きな驚愕と歓喜の声をあげる!!!


シンプソンズの台本!!ファン感謝祭のために、20世紀FOXホームエンターテイメントさんとブロードメディア・スタジオさんから提供されたファン垂涎の逸品!!いや、もはや、コレは単なるコレクター・アイテムではなく、『日本のシンプソンズの吹替え歴史』そのものなのである!!!しかも、その数40冊!!!


シンプソンズの台本は関係者以外には全く目に触れることなく保管されていました。今回、プレゼント用として特別に提供していただいたことにより、初めて一般のファンの目に触れるようになったのであります。当然ながら、この貴重な台本はお金を出しても買う事ができない!今回の大抽選会で見事に当選した人にしか手に入らないのです!!


 この台本はお金を出しても手に入らない「非売品」であること、また、ファンのために提供してくれた20世紀FOXホームエンターテイメントさんの「善意」のためにも、本当に欲しいファンのためにも、「転売を行わない」、また、著作権保護のため「インターネットなど公衆の目に内容を掲示しない」などの厳しい約束ごとに同意していただいた人にのみプレゼントされることになったのです!!


 大興奮に包まれる中、一城さんが説明を開始する


 ファン感謝祭の参加者にはDVD1枚につき番号券が1枚配られており、その番号と同じ当選番号が選ばれれば見事、台本を手にする事ができるのだ!!


一城さん
「抽選で当たった方はその感激を大きな声で表して頂きたいです。もちろん!その言葉は! 『ドォッ!!』でございます。」


会場の期待は高まる!!


抽選はシンプソンズ声優さんがCCレモンの抽選缶から1枚ずつ当選番号を引いて読み上げられる。最初の抽選者はウィガム署長の中村大樹さんだ!
注目が集まる中、クジが選ばれる。


中村さん(ウィガム署長の声)
「111番!!」

ザワつく会場・・・すると会場の端から「ドォッ!!」と言う声が!!
幸運な当選第1号は女性ファンだった!会場の拍手の中、当選者が立ち上がる!!おめでとうございます!!

つづいてマーティンの安達忍さんが当選番号を読み上げる!!


安達さん(マーティンの声)
「490番!!」


当選者
「ドォッ!!」


中村さん(ウィガム署長の声)
「400番!!」


「ドォ〜ッ!!」(女性の声だ!喜びで声がすこし上ずっている!!)


つぎつぎと抽選が行われていく。




島田さん
「22番!!」


????
「ドォッ!!」

誰だ?スゴイ!見事な「ドォッ!」だ!?みんなが会場を見渡す・・・


みんなの視線の先には・・・ステージでニコニコしながら抽選を見守る大平透さんが!!
なんと、今のは大平さんのイタズラです!会場の一同がズッコケる!!


ズッコケル中村さん(笑)



会場中で「ドォッ!」「ドォッ!」と喜びの声が響き渡る!!
拍手をしながらファンの「ドォッ!」を聞いている大平さん。


残り5人に迫った時、当選者がうっかり「ハイハイ!!」と言った瞬間、大平さんが動いた!

大平さん
「今の人はあげなくてもいいよ『ハイハイ』って言ったから(笑)
 『ドォッ!』だよ『ドォッ!』!!(笑)」


『ドォッ!』の本家、大平透さんからのダメ出しである(笑)会場に笑いがあふれる。


つづけて


ウィガム署長(中村さん)
「399番」


「ドォッ!!!」


これまた、見事な「ドォッ!」である。会場の観客も大きな拍手だ!!
すると、大平さんが・・・

大平さん
「もぉ〜(笑)いまのは3冊ぐらいあげたいね〜(笑)」


大平さんのお墨付きをいただけた「399番」さん、免許皆伝です。おめでとうございます!!


こうして全ての台本の抽選がおわったところで、島田さんが締めの一言を!


島田さん
「これをもちまして台本の抽選会を終了いたします。
 抽選にもれた方、全員でこの悔しい想いをですね!アノ言葉で表して頂きたいと思います!!」


島田さん&一城さん
「3・2・1・・・」


観客一同
「ドォッ!!」


大きな拍手と共に大抽選会は終了したのでありました。

【閉演の挨拶】

一城さん
「皆さまと本当に楽しく和やかに過ごしてまいりましたけれど、
この、ザ・シンプソンズ ファン感謝祭、プログラムも残すところ、あと僅かになりました。」


島田さん
「大平さん、サインの方は全部で何枚くらい?(書かれたんですか?)」


先ほどの終了時点で、230枚のジャケットにサインをしていたのですが、ここで大平さんから、さらにスゴイ一言が!!


大平さん
「いえね、あと、1,000枚くらい書けます!!」



「おお〜!!!」会場中から感嘆の声と拍手が鳴り響く!!


大平さん
「いえ、もっとゆっくりね、お顔を見ながらやればよかったな〜と思います。ちょっと、急ぎすぎました。(サインを書くために顔が上げられないため)下半身ばっかり見ながらやりました。(会場は大爆笑)
 右手でサインをしているので左手でしか握手できなかったりね、いろいろスミマセンでした。次回の時はゆっくり顔を見ながら、握手会も兼ねながらやりますのでよろしくお願いします。」


会場から割れるような拍手が!!


そして、拍手の中、本日ご出演していただいた、シンプソンズ声優さんがステージに登場する。ステージに一直線にシンプソンズ声優さんが整列される。会場も静まり、息を呑む。



島田さん
「さぁ、いよいよ大詰めでございます。
主催者側を代表いたしまして、大平さんより本日のザ・シンプソンズ ファン感謝祭の締めのご挨拶を頂戴したいと思います。大平さん、よろしくお願いいたします。」


拍手の中、大平さんがマイクに歩み寄る。



大平さん(ニコヤカな表情で)
「今度は泣かないよ(笑)
本当に夢のようです・・・つい、何ヶ月か前までは・・・色々ありましたけれど・・・
もう、みんな忘れました。
 これから、この大勢のファンの皆さんが私どもの後ろについていてくださる!そして、このシンプソンズの後ろに・・インターネットを入れれば数十万人の方々が熱い血を燃やしながら応援してくださっているということを実感いたしました!!

今日、来られないファミリーの連中にも、この想いは伝えたいと思いますし、また、ネット上でも今日来られなかった方々にいろいろお伝え願えればと思います。
 これで、FOX映画さん、FOXホームエンターテイメントさん、ブロードメディアさん、それぞれの会社の方々、皆さん気持ちが休まったことじゃないかと私は思います。
 そして!願わくば!!これからテレビシリーズがどんどん、どんどん続いていけますように、皆さん応援してください!!今日は本当に、お礼の言葉もありません!ありがとうございました!!」




ステージで一斉にシンプソンズ声優さん達が客席のファンに向かって深々とお辞儀をする。そして、客席では詰め掛けた500人のファンが熱い気持ちに応えるように拍手をする。


一城さん
「ありがとうございました。本日の、このファン感謝祭、実現にあたりましてはファンクラブの皆さん、そして、全国から駆けつけてくださいましたファンの皆さまのお力添えで実現する事ができました!この場をお借りいたしまして、もう一度、心からお礼申し上げます!ありがとうございました!!」


シンプソンズ声優の皆さん
「ありがとうございました!!」


会場中のファンに向かって、そして、来場する事ができなかった全国のシンプソンズファンのために、シンプソンズ声優の皆さんが再び感謝の言葉を述べ、深々とお辞儀をする!そして、会場のファンは感謝の気持ちを大きな拍手に変えて会場中を埋め尽くす!!
ステージにいる声優さんは、皆、嬉しそうに微笑みながら会場中のファンの顔を一人、一人、覚えているようだった!!


島田さん
「これをもちまして、本日のザ・シンプソンズ ファン感謝祭をお開きにさせて頂きます。長時間に渡りましたが、皆さまのご協力でつつがなく進行する事ができました。
本当に、ありがとうございました!!」


なかのZEROホールに三度目の大きな拍手が鳴り響く!!


12時の開演から3時間45分、なんと濃厚な時間だったのだろうか!?500人のシンプソンズファンが、15人のシンプソンズ声優さんが、この会場で共に喜び、共に笑い、共に感動した!!もう、何度、拍手をしたのか?何度、感動の涙を流したのか?誰にも分からない。ただ、確実にいえることは「ザ・シンプソンズ」という作品に、声優として関わった人、制作者として関わった人、ファンとして関わった人、すべてのシンプソンズに関わった人たちの感謝の気持ちが、大きな愛情で一つになる事ができたということではないでしょうか?


だが、まだ、ファン感謝祭は終わっていなかったのである!拍手の嵐の中、一城さんがファンに向かって語りかける。


一城さん
「それでは、出演者一同、皆さまへの感謝の気持ちを込めまして、お帰り口で皆さまをお見送りさせて頂きます!」


島田さん
「本日は、まことにありがとうございました!また、お目にかかれる日を楽しみにしております!」




一城さん
「そして、これからもザ・シンプソンズ!よろしく、お願い申し上げます!ありがとうございました。!!」



手を振りながらステージを降りていくシンプソンズ声優の皆さん。これから全員が出口のところに勢ぞろいして、ファン感謝祭に来場したファンをお見送りするのだ。




準備が整い、会場にアナウンスが流れる。ボランティアスタッフの誘導でファンが出口へ誘導される。客席ホールの階段を下り、2階ロビーに出ると、そこには出口に向かって一直線にシンプソンズ声優の皆さんがファンを待ち構えている!!











ステージと客席の距離を取り払い、まさに、眼前で声優さんとファンが一人、一人、声を掛け合っていく。



当初の計画では退出時間と声優さんの負担を考えて、声優さん方とファンの間には一定の距離を保ち、立ち止まったり、握手はしないことになっていました。しかし、声優さんとファンの距離は自然と近づき、いつの間にか握手をしたり、キャラクターの声でお見送りをしたりと、最後の最後まで心づくしの感謝でのお見送りとなったのでした。



じつは、この時、大平さんは腰を痛めていて、ずっと立ち続けてお見送りをするのは相当な負担があったのではないかと思われます。それでも、500人のファン一人、一人を最後まで気持ちを込めて立ってお見送りをしたいと強く希望されていたのでした。



サイン、握手、お見送、ファン1人にとっては僅かな時間なのかもしれませんが、500人全員を相手にする大平さんにとっては膨大な負担だったはずです。計画段階から一城さんや島田さん、ボランティアスタッフが何度も「無理をなさらないで下さい」と申し上げていましたが、それでも大平さんは「誠心誠意でファンの皆さまに感謝の意を表したい」と身体にムチをうってファン感謝祭に臨まれたのです。おそらく、15年間のシンプソンズの吹替え、いえ、50年以上の声優生活でも幾度となく一貫して同じ姿勢で、仕事に対して、ファンに対して真摯に臨まれて来たのでしょう。だからこそ、多くのファンを魅了し、愛されてきたのではないでしょうか?



 こうして、夢の第一回シンプソンズ ファン感謝祭は幕を閉じました。シンプソンズ声優さん方の心を尽くしたお持て成し、協賛・協力の各社の豪華なプレゼント、ファン感謝祭終了後のアンケートや参加されたファンの方々のブログなどを読ませて頂き、きっと満足していただけたのではないかと思います。


ここで、あらためて、今回のシンプソンズ ファン感謝祭を主催していただいたシンプソンズ出演声優の皆さま、そして、ファン感謝祭の承認をしてくださった20世紀FOXの皆さま、協力・協賛していただいたミスタードーナツ様、アメリカントイショップJB様、日本俳優連合の皆様、ゲストでご出演していただいた橘田様、全国から応募・参加してくれたシンプソンズファンの皆さまに厚くお礼を申し上げます。すてきな感謝祭をありがとうございました!!


そして、これからもテレビシリーズ・映画と、シンプソンズが日本で益々発展していくようにお祈り申し上げます。私たちファンもシンプソンズを応援させていただきます!


シンプソンズファンで本当に良かった!!シンプソンズ最高!!!


シンプソンズファン一同
〜〜〜第2部終了〜〜〜

次回は【美術ギャラリー展示物】からです。声優さんのイラストや珍しいグッズなどを紹介いたします。


シーズン15エピソードガイド

シーズン15のエピソードガイドは第18話の放送が始まるまでお休みとなります。
放送予定は以下の通りです。


第18話:6/26(木)16:30〜17:00


第19話:6/27(金)16:30〜17:00


第20話:6/30(月)16:30〜17:00


6月下旬までお待ちくださいね。